Baby&Kids

叱る前にワンクッション!「どうしたの?」でイライラママを卒業しよう

vol.534【1日1成長お母さん】叱っても聞いてない?まずは子どもの気持ちを理解しよう

「なるべく叱らずに育てたい!」でもここだけは叱ってください!

「なるべく叱らずに育てたい!」と考えるお母さんは多くいらっしゃることでしょう。しかし叱った方が良い場面もあります。それは子どもが道徳的に良くないことをした時、健康を害することをした時、危険な行為をした時です。こんな時は叱って行動を改善するように導いてあげた方が良いですね。しかしながらお母さんの思いとは違い、子どもの心にはそれほど響いていない時もあります。

子どもに伝えたいことが上手く伝わらず、つい感情的に怒ってしまうことも

お母さんが子どものために叱っても「はーい」と軽い返事だけだったり「だって○○なんだもん」と言い訳をすることもあります。挙句の果てに「どうしていけないのか分かった?」と聞いたら「これをしたらお母さんが怒るから」と答えるなど、お母さんの伝えたいことが全く伝わっていないこともあります。こんな返事を聞いてしまうと「冷静に叱ろう」と思っていても、つい感情的に怒ってしまうこともあるでしょう。

叱る前に「どうしたの?」と聞いて、子どもの気持ちを分かろうとして

子どもになぜやってはいけないのか、なぜ叱っているのかを分かってほしいと思うなら、先にお母さんが子どもの気持ちを分かろうとしてください。例えばお友達を叩いてしまった場合は、叱る前に「どうしたの?」と聞いてみるのです。子どもは「A君がおもちゃを貸してくれないんだよ」などと理由を言ってくれるかもしれません。その場合お母さんは「おもちゃを貸してくれないんだね」と子どもの言葉を繰り返すと良いでしょう。

教えるよりも子ども自身に考えさせる質問で導くと、心に印象深く刻まれる

言葉を繰り返してもらった子どもは「お母さんは分かってくれた」と感じて気持ちが落ち着きます。そうするとお母さんの言うことに聞く耳を持ちます。このように子どもの気持ちを共感した後に「でも叩くのは良くないよね」と伝えます。そして「こんな時はどうしたらいいかな」と考えさせる質問をしましょう。「貸してって言うのよ」などと改善策を教えるよりも、自分で答えを導き出した方が子どもの心に印象深く刻まれます。

今日の1日1成長

行動を改善させるためには子どもの言葉を繰り返し、共感を言葉で伝えよう
子どもの改善力も1成長、お母さんの共感力も1成長。
田中京子(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!