Baby&Kids

習い事の月謝が高い!と感じたお母さん必見。立ち止まる時です

vol.567【1日1成長お母さん】原因探しをやめ、解決法を探す前向きな接し方で能力発掘

「どこで何を学んでいるか」ではなく「誰がどんな気持ちで学んでいるか」

友だちが習い始めたスクールに一緒に行き始めたS君。半年したら「行きたくない」と言い出しました。このご相談のお母さんは「最初のきっかけが不純だったから続かないのかしら」と悩んでいます。半年前はきっと楽しく始めたことに違いないでしょう。当時のことを蒸し返してはいけません。行きたくない理由はM君にしか分からないし、答えは一つではないかもしれないし、上手に気持ちをまとめられているとも限りません。

今どう感じているかを第一に!この立ち止まるポイントは絶対に外さないで

習い事を始める時、家族でよく話し合っていることでしょう。プラスに働いている場合も多いです。行きたくないと言い出す子どもの理由に多いのが「面白くなくなった」「上手くならない」「難しい」「友だちと遊ぶ時間がなくなる」などが挙げられます。これを聞くと大半のお母さんは「そんなワガママ言わないの!自分でやるって前は言ったじゃない!」と言いますが“いま”の感情を尊重してあげなければいけません。

子どもの様子で“できた”“楽しい”を感じられないならSOSです

習い事やスポーツ活動は子どもが“成功体験を積めるところ”“参加していい気分”であることが習得できる要因です。つまずき、楽しくないと感じているならば見直すチャンスです。原因は子どもにあるとも限りません。子どもが極端に嫌がる時は指導者や指導法がその子に合わない場合もあります。また外遊びの方が魅力的だと感じている子の想いは「行きたくない」という正当な理由があるからです。

子どもの個性を尊重するならば“お母さんのこだわり”は捨てましょう

日本では親が子どもに“身につけてほしいこと”の範囲が他国に比べて多いとも言われています。勉強もスポーツも芸術もと広げすぎる傾向にあります。一方アメリカでは子どもの長所を見つけて、それをさらに伸ばすためにお金や時間や情熱を注ぎます。個性を尊重する国ならではの傾向です。様々な経験の中で、上手くいくこともあればつまずくこともあります。肩の力を抜いて、今この子はどんな感情の中にいるのか?と立ち止まるきっかけにしましょう。

今日の1日1成長

“何を習うか”より“どんな気持ち”に重きを置くと個性と才能が伸びる
子どもの向上力も1成長、お母さんの観察力も1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!