Baby&Kids

手の掛からない赤ちゃんで暇すぎる?ならばいっぱい話しかけよう

vol.592【1日1成長お母さん】反応のない新生児期でも、たくさん話しかけると言葉の習得を促す

忙しすぎて化粧もできない?初めての出産の日は喜びと不安で複雑な気持ち

初めての妊娠中は早くお腹の中の子どもに会いたくて毎日ドキドキワクワクしますね。でも「赤ちゃんが生まれたら忙しすぎて、お化粧する暇もないよ」「慢性的な寝不足になるから、今のうちに好きなだけ寝た方がいいよ」など、母親や友だちから育児の大変さについて聞くこともあるでしょう。子どもに会える喜びと、どれくらい忙しい日々になるのかという不安が入り混じった複雑な気持ちで出産の日を迎えるかもしれませんね。

想像していた忙しすぎるお母さん生活とはまるで違う!逆に暇すぎて苦痛

いざ出産をして「さあこれから忙しい毎日になるんだ」と意気込んだのに、生まれてきた赤ちゃんが思いのほか手が掛からないことがあります。しっかり3時間寝て、おっぱいを飲んだらまた寝る。夜の授乳の回数も少ない。起きている時間は何もしてあげなくても、ぐずらずに機嫌良く過ごしている。想像していた忙しすぎるお母さん生活とはまるで違って、逆に暇すぎるのが苦痛になることもあります。

規則性と気分性の高さの両方を兼ね備えた赤ちゃんは手が掛からない

赤ちゃんには生まれつき性格が備わっています。“規則性”が備わっている赤ちゃんは、新生児のうちから生活リズムが整っています。また快、不快の度合いを示す“気分性”が高い赤ちゃんは起きている間は機嫌良く過ごす時間が長く、お母さんの手を煩わせることがあまりありません。規則性と気分性の高さの両方を兼ね備えた赤ちゃんは手が掛からないのです。このタイプをキッズコーチングでは“エンジェルタイプ”といいます。

反応がなくてもたくさん話しかけてあげましょう。言葉の習得が促されます

エンジェルタイプは手が掛からない分、お母さんと関わる時間が少なくなりがちです。そうすると言葉の習得がゆっくりになる場合もあります。話しかけても反応がない新生児でも「お日様ぽかぽかでいい天気よ」「おむつを替えて気持ち良くしようね」などたくさん話しかけてあげましょう。その積み重ねが言葉の習得を促します。そして数年後には返事をするのが忙しくなるくらいのお喋りで、お母さんを楽しませてくれるでしょう。

今日の1日1成長

新生児のうちから毎日たくさん話しかけて、お喋り上手な子どもを育てよう
子どもの成長力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
田中京子(文)うえだきょうこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!