Baby&Kids

3歳の「やりたい!」を受け入れるとその後の子育てが楽になる

vol.601【1日1成長お母さん】手がかかって仕方がない。しかしこの時期の苦労は必ず報われる

お世話するだけが子育てではない。最終ゴールは子どもを自立させること

子育てっていったい何を目指せばいいのでしょうか。子どもが赤ちゃんのうちは、ほぼすべてのお世話をお母さんや大人がしてあげなくてはいけません。しかしだんだん成長をし、子どもはできることが増えてきます。そうするとお母さんはお世話を減らしていかなくてはならないのです。子育ての最終ゴールは子どもを自立させることです。いつまでもお母さんがお世話ばかりしていると、ゴールは見えてきません。

3歳頃にやってくる自立期。「自分でやりたい」と言い出したらやらせよう

“いいお母さん”と聞くとどんなイメージがあるでしょうか。お料理上手?怒らないお母さん?たくさん遊んであげるお母さん?もちろんこの全部が理想的ないいお母さん像ですね。でも最も大切なのは、子どもに自分のことを自分でやらせるお母さんです。子どもは3歳くらいで「自分でやりたい!」という時期がやってきます。この時期を“自立期”といいます。お母さんには子どもが自立の向かう第一歩を尊重してほしいのです。

本音は「やってくれない方が助かる」。でも「いいよ」と言ってあげよう

子どもの「自分でやりたい!」に対し「お母さんがやってあげるからやらないで」ではなく「いいよ」と言ってあげることが大切です。しかし3歳の子どもが「やりたい!」と言っても上手くできないことばかりです。牛乳をコップに入れようとしてもきっとこぼすでしょう。洗濯物をたたんでも、あとからお母さんがたたみ直さないといけなません。正直に言うと「やってくれない方が助かる」というのがお母さんの本音でしょう。

「やりたい!」ことを思う存分やった子は自立心だけでなく貢献心も育つ

お母さんにとっては試練ともいえる自立期ですが、この時期に「やりたい!」ということを思う存分やらせてもらった子は“自分のことは自分でやる”という自立心だけでなく“誰かを手伝ってあげたい”という貢献心を持つ子どもになります。そうすると子育てはかなり楽になります。時間も手間もかかる時期ですが、可能な限り「やりたい!」を尊重してあげると、子育てのゴールはぐっと近づいてくるでしょう。

今日の1日1成長

子どもが「やりたい!」と言ったら「いいよ」と言ってやらせてあげよう
子どもの自立力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
田中京子(文)うえだきょうこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!