Baby&Kids

優しさとは教わるものではなく経験から得る。急がずゆっくり積み上げよう

vol.613【1日1成長お母さん】「皆が心地よく過ごせるには?」人の気持ちを考える質問で導こう

子どもは色々な経験から優しさや道徳心を学ぶ。行動を正しつつ見守ろう

子どもには優しくて道徳心のある子に育ってほしいと願うお母さんはたくさんいることでしょう。でも兄弟げんかをして下の子を泣かせたり、お友だちに意地悪する様子を見てがっかりすることもありますね。「優しくしなさい!」と叱っても、その時だけは「ごめんなさい」と言うのにまた繰り返してしまいます。子どもは色々な経験から優しさや道徳心を学んでいきます。良くない行動は正しつつも、焦らずにじっくり見守る事も大切です。

子どもの穏やかな心のタイミングで、人の気持ちを考える問いかけをしよう

「優しくしなさい」という言葉には具体性がなく、子どもが何か行動に移すのは難しいのです。この言葉の代わりに「ここにいる皆が心地よく過ごせるにはどうしたらいい?」と問いかけて子どもに考えるきっかけをあげてみてください。この質問をするのは子どもがトラブルを起こし気持ちが高ぶっている時ではなく、お風呂の中などリラックスしていて子どもの心が穏やかな時が効果的です。

身内だけでなく、初めて会った人のことも思いやれる行動をとることが大切

特に「ここにいる皆が」というのが重要です。そうでないと偏った道徳心が育つ恐れがあるからです。例えば駅のホームで電車を待っていて、電車が来た瞬間に人の列を無視して電車に駆け込み、家族の分の席を確保して「お父さん、お母さん、席取れたよ!こっちだよ!」なんて勝ち誇った顔で言う子になっては困ります。自分の家族や友達だけでなく、初めて会った人も心地よく過ごせるための行動がとれるようにしたいものです。

自分を犠牲にするのではなく、皆が笑顔になれる行動は何かを考えさせよう

また電車に乗っているときにお母さんが進んで席を譲る姿を見せたりするのも良いでしょう。「人の役に立てて嬉しかったわ」と子どもに伝えると貢献の喜びを知り「自分も誰かの役に立ちたい、優しくしたい」と考えるようになるでしょう。そして忘れてはいけないのが“皆”の中に自分も含まれることです。自分の気持ちを押し殺すことが良いのではなく、自分も周りの人も笑顔になれるような行動は何かを考えさせましょう。

今日の1日1成長

道徳心や優しさは積み上げた経験から得る。教えられるものではありません
子どもの道徳力も1成長、お母さんの質問力も1成長。
田中京子(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!