Baby&Kids

子どもの“できた”を伸ばすには、楽しい経験をたくさんさせよう

vol.651【1日1成長お母さん】楽しい気持ちがあれば、子どもの能力は勝手に伸びていく

好きな気持ちが抜けると、得意なこともすぐ飽きてしまうことがあります

子どもが生まれた時は「元気なだけでいい」と、それだけしか子どもに対しての願いはなかったというお母さんは多くいらっしゃるでしょう。それが成長していくにつれ願いはどんどん増えて行きます。上手に絵を描いたら、芸術的才能があるかも。足が速ければ、運動神経が良いかも。早く言葉を覚えれば、この子は賢いかも。子どもへの期待はどんどん膨らんで行きます。けれど早くできたことでも、好きな気持ちが抜けているとすぐ飽きる可能性があります。

やる気があったはずなのに。期待しすぎず見守ることで応援しましょう

K君は小学1年生。なんでもそつなくこなせる優等生タイプです。飽きっぽい一面も持っていたので、一生懸命になれるものがないかとお母さんは思っていました。秋の地区別運動会。足の速いK君は代表に選ばれました。選ばれた時はとても嬉しそうで「頑張る!」と意気込んでいたので、お母さんもK君と一緒に練習し、更に速くなるためのアドバイスもしました。それなのにK君は段々練習を嫌がるようになってきました。

子どものやる気を出すためには、教えるよりも楽しませるのが一番です

ところが本番で同学年の友達と一列に並び争い、たくさんの人たちからの声援をうけ一生懸命走ったK君。とても気持ち良く楽しかったようで、お母さんに「来年も絶対代表に選ばれたい。走りたい!」と自分から言ったのです。心の成長には階段があります。“やる気”を出すためには、その前に好奇心を刺激し“楽しい”と感じる経験をする必要があります。子どもにやる気を出してもらいたいのであれば、教えてあげるよりも楽しませるのが一番なのです。

成長の階段。全部登ると何でもやり抜ける自信のある子どもが育ちます

子どもの将来を思って、「得意なことを一つでも増やしてあげたい。」そう思うのは当たり前のことです。ですが好きな気持ちがないまま階段を登っても、どこかで止まってしまいます。全ては“楽しい”から始まります。その次は“やる気”です。やる気が起こると「できた!」と思う経験をし、自然に“集中力”が付きます。その階段を全て登ると困難な事もやり抜ける自信のある人になります。見守ることで子ども自身に成長の階段を登らせましょう。

今日の1日1成長

階段は一段ずつ登ります。見守ることで子どもが登ってくるのを待ちましょう
子どもの楽しむ力も1成長、お母さんの見守る力も1成長。
さかきばらやすこ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!