Baby&Kids

高いところには登らせろ?1歳児の冒険心は認めて育てる

vol.737【1日1成長お母さん】危険回避だけに目を向けず「登りたい」気持ちを大切にしよう

1歳は目に入るもの全てが新鮮な驚き。好奇心と冒険心が育つ時期

1歳になって少しずつ歩けるようになると、子どもの行動範囲はグンと広がります。同時に興味の幅も広がるので、お母さんは危険回避に大忙しになりますね。口に入れそうなものは手の届かないところに置いたり、危ないことをしないように後を付いて回ったり。1歳はまだ何が危険か分からないので、親が気を配らないといけないことは多いものです。ですが少しの冒険もできないようでは、子どもの意欲は育ちません。

興味あることは繰り返して学習するのが1歳。止めるだけでは回避できない

1歳のKちゃんは上手に歩けるようになってきました。同時に高いところに登りたがるようになってお母さんを困らせています。ちょっとした段差はもちろんのこと、ダイニングの椅子やテーブルなどによじ登ろうとしてふらついてはお母さんが助けに入ります。「危ないからやめてね」と言うのですが、何度でも同じことを繰り返します。そのうち頭から落ちるのではないかとお母さんはヒヤヒヤ。常に目が離せません。

1歳児が登りたがるのは自然な成長の印。体の健全な発達にもつながっている

実は歩けるようになった子どもが次に高いところに登ろうとするのはごく自然なことです。決して危ないことが好きだとか、お母さんを困らせたいとかいうわけではありません。体の発達とともに歩くというスキルを身につけたように、今度は登るというスキルを身につけようとしているのです。1歳は一生のうちでもっとも体が発達する時期。この時期にしっかりと登るというスキルを身につけると、体幹のバランスも取れ、運動能力も育つのです。

危ないなら違う場所を用意して「登りたい」という欲求を満たそう

とはいえ高いところから落ちると怪我の危険もありますし、できれば回避したいのが親心。そんな時は無理にやめさせるのではなく、まずは「登りたいね」と認める言葉がけをして「こっちは登れる?」と階段や子ども用のステップなど、危険の少ない方へ連れて行ってあげましょう。一段登るごとに「できたね」「登れたね」とできたことを認めてあげてください。子どものやる気がぐんぐん育ち、何事にも臆せず取り組む心が育つでしょう。

今日の1日1成長

歩いたら次は登るのが自然な成長。止めずに登らせて体と心を育てよう
子どもの達成力も1成長、お母さんの提案力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!