出典:@ mayummineさん

Baby&Kids

みんなが知りたい「七五三」の基礎知識&おすすめ神社6選

お子さんが七五三を控えているというママやパパ、もう準備を始めていますか?今年の11月に七五三の参拝予定という方は、そろそろ準備を始めていなくてはなりません。お子さんの成長を願う大切な行事、思い出に残る素敵な一日にしたいですよね!今回は、「七五三について実はよく知らない…」という方に、七五三のマナーや事前準備などをご紹介します!

■七五三ってどんな行事?

出典:子どもの重大イベント七五三☆ママたちの服装って・・?

毎年、11月15日が七五三の日。お子さんの成長をお祝いする、古来より続いてきた日本の伝統的な行事です。男の子の場合は、数え年で3歳と5歳、女の子の場合は、3歳と7歳の年に参拝するのが一般的な習わし。参拝のときの千歳飴は、「ひっぱると伸びる」ことから、お子さんのさらなる成長を願う縁起物として知られています。
ただ、日本人にとって身近な行事とはいえ、いざ我が子がその時期を迎えると「何から始めたらいいの?」「お金がかかりそう…」と不安になる人も多いですよね。今回は、そんな悩みにお応えして、「これだけは知っておきたい七五三の知識」について、お伝えします!

■知っておくと安心!七五三の基礎知識

まずは、意外と知らない人も多い、七五三の基本的なことについておさらいしましょう!

・七五三には何をするべき?

出典:筆者撮影

七五三のスタイルは、家族によってさまざま。
「神社で御祈祷と参拝をして、写真も撮る」という家庭もあれば、「お参りだけ」「記念撮影だけ」という家庭もあるでしょう。
七五三のお祝いの仕方に、特に正解はありません。「お子さんを大切に想う気持ち」があれば、どんなスタイルでも素敵な思い出となることでしょう。ただ、七五三というのは、両親だけでなく、おじいちゃんやおばあちゃんにとっても思い入れのある行事のはず。家族全員にとって特別な一日になるよう、どんな風に過ごすのか、しっかりと話し合って決めたいですね。

・参拝時に予約はいる?

10月中旬~11月中旬の吉日や休日には、七五三を迎える多くの家族が参拝するようになります。この時期の神社は、連日大忙し。お参りだけではなく、御祈祷までしてくれる神社の場合、予約制としているところもあります。

出典:@ mayummineさん

まずは、
①お参りしたい神社の公式HPをチェック(余裕を持って9月ごろから始めましょう)
②御祈祷をしてもらいたい場合は、御祈祷をしている神社か確認する
③予約が必要かどうかを確認する
④予約が必要なら、早めにしておく(御祈祷料もあわせて確認!)
という流れで、リサーチしましょう。人気の神社は、早めに予約しておかないと希望の日程で御祈祷をしてもらえないこともあります。

・七五三は「神社」?それとも「お寺」?

そもそも、七五三とは、どこでお参りしてもらうものなのでしょうか?
昔から馴染みのあるお参り先があるという人もいれば、「神社?それともお寺…?」と悩む人もいるかもしれませんね。

基本的には、神社でのお参りが一般的なようですが、お寺でお参りをしても間違いでありません。神社では氏神さまに、お寺では仏さまに、それぞれお参りすることになるでしょう。
ただ、宗教的な考え方が違うため、お参りのニュアンスは異なります。「子どもが無事に成長したことの報告と感謝」という意味では同じですが、お寺の場合は、神社で行われるようなお払いやお祈りはありません。何か宗教的な理由がないのであれば、神社での七五三がおすすめです。今回は、そんな神社でのお参り方法についてご紹介しましょう。

■神社のお参りマナー

神社によって微妙な違いもありますが、今回は基本的な作法についてご紹介します。

・神社についたら必ず「一揖」を

出典:筆者撮影

神社の参拝は、鳥居をくぐるところから始まります。鳥居の向こう側は、神様がいらっしゃる場所。つまり、鳥居は神社にとっての”玄関”です。まず、鳥居の前でいったん立ち止まり、浅く一礼してからくぐるようにしましょう。ここでの、浅い一礼のことを「一揖(いちゆう)」といい、神社参拝の際には欠かせないマナーの一つです。

・参拝の前には手水舎で手を清める

鳥居をくぐったら、参道の脇にある「手水舎(ちょうずや)」で手と口を軽くゆすぎます。この「手水」と呼ばれるしきたりは、参拝には欠かせない大事なお清め。必ず行いましょう。

<手水の手順>
① 柄杓を右手で持って水を汲む(水を汲むのはこの一回!)
② 左手を清める
③ 左手に柄杓を持ちかえて、右手を清める
④ 柄杓を再び右手に持ちかえ、左手の平に水を注いで、口をすすぐ(口をつけずに!)
⑤ もう一度、左手をゆすぐ
⑥ 柄杓に残った水は、柄に伝わるようにして柄をゆすぎ、柄杓を元の場所に戻す

・参拝の方法

一揖、手水が済んだら、参道を通って神前にすすみます。このとき、必ず真ん中を避けて歩くようにしましょう。参道の真ん中は神様の通り道。もし、横切るようなことがあれば、軽く礼をしてから通らなくてはなりません。
神前では、「二礼二拍手一礼」が基本。神社によって、異なる場合もあるため、事前に確認しておくと安心でしょう。礼をするときは、腰を90度まで深く折り、ゆっくりと行ないます。

ちなみに参拝の際の服装は、フォーマルな服装が基本。お参りだけというときは、カジュアルな服装でもいいですが、御祈祷をしてもらうのであれば正装でお参りするというのがふさわしいでしょう。

■【東京編】おすすめの神社2選

ここからは、東京で七五三を予定している人におすすめの神社をご紹介しましょう!

・明治神宮

東京都渋谷区にある「明治神宮」は、日本一の初詣参拝者数を誇る全国有数のパワースポット。都内とは思えないほどの広大な敷地には豊かな木々が生い茂り、多くの鳥のさえずりが聞こえてきます。
レンタル衣装や着付けなどを含んだ専用プランもある明治神宮は、七五三のお参り先としても大人気。明治神宮の特製メダルをもらえるサービスも好評です。写真や食事も込みで申し込むと、本殿近くの駐車場を用意してもらえます。広大な自然と大きな本殿をバックに写真撮影すれば、美しい記念の一枚が撮れることでしょう。

・子安神社

東京都八王子市にある「子安神社」は、八王子市最古の神社として親しまれています。安産祈願で知られる神社のため、出産前に訪れたというママもいるのではないでしょうか。七五三シーズンである10月後半~11月中旬には、境内に着ぐるみのパンダが登場!子どもたちを優しく、楽しくお出迎えしてくれます。前撮りや着物の着付けサービスもあるため、ぜひチェックしてみましょう!

■【埼玉編】おすすめの神社2選

次は、埼玉で七五三をするならぜひチェックしてもらいたい神社をご紹介します。

・大宮氷川神社

埼玉県さいたま市にある「大宮氷川神社」は、東京、埼玉、神奈川に280社もある氷川神社の総本山として知られる由緒正しき神社。2000年以上の歴史を持ち、境内には神秘的な雰囲気が漂います。関東屈指のパワースポットと言われているだけあって、七五三の参拝先としても人気。毎年11月中は、かなり混雑します。予約はできないため、早めに当日受付を済ませておきましょう。

・武蔵第六天神社

出典:「みぃ@御朱印 Powered by Ameba」

埼玉県さいたま市にある「武蔵第六天神社」は、樹齢数百年にもなる藤の花をはじめ、ボタンやアジサイなどの花々が咲き乱れる美しい神社。埼玉の自然百選にも選ばれています。
七五三の御祈祷も行っており、花々に囲まれた素敵な一日を過ごせるはず。「武蔵第六神社」の名物でもあるご眷属の天狗様も、きっとお子さんの成長を見守ってくれることでしょう。

■【大阪編】おすすめの神社2選

最後に、大阪で七五三のお参りをしたい神社ランキングでも上位の神社をご紹介しましょう。

・住吉神社

出典:「韓国お台所日記 Powered by Ameba」

大阪府住吉区にある「住吉神社」は、「すみよっさん」という愛称で親しまれる、大阪でも大人気の神社です。1800年以上の歴史を持ち、全国各地に2300社もある住吉神社の総本山。祀られている住吉大神は、神道において重要な「祓」を司る神様です。そんな住吉神社には、七五三シーズンになると、子どもの無病息災を祈願する参拝客が多く訪れます。かなり人気の神社のため、多少の混雑は覚悟しなくてはなりません。予約は受け付けがないため、早めに向かうようにしましょう。

・道明寺天満宮

出典:「バツイチ狂詩曲(ラプソディー) Season 10 Powered by Ameba」

大阪府藤井寺市にある「道明寺天満宮」は、学問の神様である菅原道真公を祀る歴史ある神社。境内には、道真公に縁のある紅白の梅の樹が800本も植えられています。七五三の時期には、七五三パックが用意されていて、御祈祷や写真撮影、レンタル衣装と着付けがセットになっています。期間も10月から12月までと幅広いため、混雑する11月を避けてお参りすることも可能。予約の受付はないため、家族の予定に合わせてお参りするといいでしょう。

■七五三は早めの準備でぬかりなく!

七五三というのは、家族にとっても特別なイベント。写真撮影や神社でのお参りなど、気合を入れて臨みたいという人も多いです。その分、七五三の時期ともなると、人気の写真スタジオや神社は大混雑。直前になって「いざ七五三の予約を!」と思ったら、「予約が取れなかった…」ということにもなりかねません。当日をスムーズに進めたい人は、早めに公式HPなどをチェックして予定を決めておくことが大切。お子さんの大切な七五三、悔いのないように楽しんでくださいね!

引用文献
みぃ@御朱印 Powered by Ameba」
韓国お台所日記 Powered by Ameba」
バツイチ狂詩曲(ラプソディー) Season 10 Powered by Ameba」

kopei

2015年生まれのゴキゲンな息子のママです。自分に合った美白&保湿ケアを追求中。安くて優秀なコスメ探しが大好きです♡
【Instagram】pkboo000
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!