Baby&Kids

物事はすべてトライ&エラー。やる気の元は体験すること

vol.835【1日1成長お母さん】教えるのはちょっと我慢。まずは子どもに体験させてみよう

見て聞いて学んでからやる子と、まずは触ってやってみて学ぶ子の違い

新しいことを初めてする時は誰でもドキドキするもの。うまくいくかな、大丈夫かなという不安な気持ちや、反対にどうなるんだろう、ワクワクする!など、楽しみな気持ちが浮かびます。子どもでもそれは同じ。子どもによって色々な反応があります。とにかくすぐにやってみたい子、手を出していいのか迷ったり、みんなの様子を慎重に観察したりする子、大人の説明をまずしっかり聞いてから取り組もうとする子などです。

とにかくすぐにやってみることで、子どもの考える力と行動力が育つ

大人がいい子だなと思いがちなのは、先に説明を聞いてから取り組もうとする子です。正解を聞いて確認してから取り組むので、失敗も少ないのです。そのため優秀な子と思われることが多いのですが、正解を知って取り組むため、自分で一から考えるということが苦手です。実は、将来的に創造性が豊かになり、自ら道を切り開く力を持っているのは“とにかくすぐにやってみる”子です。自分の力で模索しながら体験することが、想像力と行動力を育みます。

正解を教えずやらせてみると、子どもは自ら考え始めどんどん工夫する

子どもの学びは全て体験することで培われます。何か新しいことを始める時は、説明するよりもまずは触らせてあげてください。例えば泥遊び。「こうやって砂に水を混ぜるのよ」と説明すれば、お母さんと同じような泥を作ってくれるかもしれません。でもまずはやらせてみることで、水の量によって硬さが変わることや、好みの硬さにするにはどうした良いかなどを肌で学んでいきます。上手に作るため、他の人の様子を観察する力も発揮するでしょう。

観察して待つことで意欲の育ちを応援し、言葉に出して認めよう

まずは教えずに子どもの様子をじっと観察しましょう。そして子供の工夫を認めてあげてください。「いい水加減だね」「硬めの泥ができたね」など、見たままを言葉にしてあげましょう。お母さんが見ていてくれたと思うことが、子どものさらなる意欲を引き出します。日常の遊びの中から考える力、工夫する力が育ちます。ぜひ教える前に体験させて、たくさんの小さな発見をさせてあげましょう。

今日の1日1成長

「まずやってみる」教えるよりも体験させると考える力がぐんぐん伸びる!
子どもの創造力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!