Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

兄弟げんかは止めるのではなく、子どもの気持ちを解くサポートを

vol.872【1日1成長お母さん】3歳を過ぎたらお互いが納得いく方法を考え、問題解決に導こう

兄弟げんかは子どもの未来の交渉力を磨く練習時間。社会に出ていく準備中

兄弟姉妹のいる家庭にとって、兄弟げんかは日々尽きないもの。お母さんもその対応にイライラしてしまうこともあるはずです。子どもたちも何かあれば「お母さ~ん!」とかけよってきます。そして、ついお兄ちゃんやお姉ちゃんに「~してあげてよ」と求めてしまいがち。これから先、保育園や小学校での友人関係でのいざこざをうまく乗り切っていくためにも、子ども同士で問題解決できる練習をしていきましょう。

3歳の子が言いつけにくるのは、自分の感情を受け入れてほしいから

3歳半のMちゃんと6歳のYくん、いつも仲良く遊んでくれるのは嬉しいのですがけんかもつきもの。今日もMちゃんが「お母さ~ん」とかけよります。「お兄ちゃんが叩いた」とMちゃん。「お兄ちゃんが叩いたんだね。それで?」「ここが痛いの」と腕を差しながら教えてくれます。「腕が痛かったんだね。」とお母さんも繰り返します。「うん。抱っこして~」Mちゃんの声にお母さんは抱っこして背中をさすってあげると戻っていきました。

お母さんと下の子のやり取りを聞いている上の子の気持ちも等しく察しよう

かけよってくる子の話を聴いて「~だったのね。」と感情を言葉にして受け入れてあげましょう。そのあと「それで?」と繰り返し抱えている感情をすべて吐き出させてあげます。上の子に対して「どうして叩いたの?」「お兄ちゃんが~してあげてよ」とつい口に出してしまいそうですが上の子の言い分もあります。兄弟げんかはできる限り子ども同士で解決させましょう。お母さんができるのはそのサポートです。

小学生になって子どもだけの世界になった時、話し合いで解決する力を蓄える

会話ができる年齢なら、お互いが納得する解決を話し合う時間を持ちましょう。もめごとが起きたときに、どちらも満足する第3の考えを生みだすことが未来の交渉力に繋がっていきます。5歳を過ぎれば相手の気持ちも少しずつ理解できる年齢。3歳の妹に対してどうすれば考えが通るかを考えさせるのもいい機会です。4歳を過ぎれば妥協から我慢を学ぶこともあるでしょう。対応次第で兄弟げんかは成長するきっかけになります。

今日の1日1成長

兄弟げんかでのお母さんへの言いつけには、言葉を繰り返して受け止めよう
子どもの協調力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
さわどあさみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

Instagram @mamagirl_jp