Facebook Twitter Instagram

出典:@ atelier__michelleさん

Baby&Kids

ベビー服をおしゃれにリメイク!マネしたいリメイクアイデアと作り方♡

子どもの成長はうれしいけれど、その分ベビー服や子ども服はすぐにサイズアウトして着れなくなってしまうもの。でも大切な思い出がたくさん詰まった服だから捨てたくない…。だけど収納スペースには限りがあるし…。と悩んでいるママは多いのではないでしょうか?そんなママに今、話題になっているのがベビー服のリメイクなんです♡今回は、不器用さんでもベビー服をおしゃれに再利用できるリメイクアイデアと作り方を紹介します。

■みんなはどうしてる?古くなったベビー服の行き先は?

古くなったりサイズアウトしたりして着れなくなったベビー服って、そのままにしておくとドンドンたまっていってしまいますよね。ほかのママたちはみんなどうしてるのでしょうか?気になる対処法をまとめてみました。

・思い出のベビー服で収納スペースがパンパンに…

出典:photoAC

もしかしたらまた妊娠するかも…。贈り物の服だから捨てられない…。などの理由から、気がつけば収納スペースがパンパンに!いつかはスッキリさせなくちゃ!とは思っていても、仕事や子育ての忙しさに追われて対処できず、後回しになっているママが多いのが現状かもしれませんね。

・フリマアプリやオークションでリサイクル


出典:photoAC

最近は、手軽に使えるフリマアプリやネットオークションでサイズアウトしたベビー服や子ども服を売っているママが増えています。使わない服を取っておいても、結局は着なくていつか処分することに…。ならば少しでもお金に換えた方がいい!というのも考え方のひとつですよね。

・簡単アレンジ!ベビー服の布を使っておしゃれ小物にリメイク!


出典:photoAC

お気に入りのベビー服を買っても着られる期間はあっという間に過ぎてしまうもの。だけど赤ちゃんとの大切な時間が刻まれた服だから、なんとか捨てずに形に残したい!そんなママに今話題なのが、ベビー服の布を使ったおしゃれリメイクなんです。

■ベビー服をコンパクトにリメイクするならくるみボタンがGOOD!

新生児のときに着ていたベビー服や、使い古してクタクタになった服だとリメイクに使える布が少ないこともありますよね。くるみボタンは、ちょっとの余り布で作れちゃうのがうれしいポイント!作り方もとっても簡単なので、初心者さんでもすぐに挑戦できますよ。

出典:@ atelier__michelleさん

・安くて簡単にそろう!くるみボタンの材料はこの3つ


・使わなくなったベビー服
・接着剤
・くるみボタンキット
材料が少なくて、すぐに用意できるのもくるみボタン作りの魅力です♡
(はめ込むタイプのくるみボタンには、接着剤は使用しません。)

・くるみボタンの作り方


1.布を型紙に合わせて丸くカット。
2.打ち具台に布を敷き、横から出ている余分な布は内側に折り曲げる。(内側には接着剤を塗っておく)シワや角がでないように、ピン!と布を伸ばすのがコツ。
3.蓋をするように2の上にボタン金具をのせて、打ち具台に押し込んだら完了!

完成したくるみボタンは、ヘアゴムにアレンジしておしゃれを楽しんだり、ブローチにして帽子やリュックにつけたりするのもアクセントになってかわいいですよ♡

■思い出のベビー服がかわいいぬいぐるみに大変身!

小さな赤ちゃんの頃に着ていたベビー服が簡単リメイクでぬいぐるみに大変身!今度は赤ちゃんのお友だちとなって成長を見守ってくれるかもしれませんね♡

出典:@ mooaoigさん

出典:@ yguchi.aさん

・ぬいぐるみにはミシンが便利!材料はこちら


・使わなくなったベビー服
・針
・ミシン
・まち針
・糸
・はさみ
・型紙
・綿

・クマのぬいぐるみの作り方


1.型紙を用意する。
2.型紙に合わせて生地を裁つ。
3.生地の表側を向き合わせて、縫い合わせる。(顔からスタート)
4.裏側になっている生地をひっくり返して綿を詰める。
5.鼻と目をそれぞれ縫いつける(刺繍しても、市販品をつけてもOK!)
6.耳→胴体→手足を2、3、4の手順で作り、縫い合わせて完成!

■赤ちゃんの首周りにぴったりフィット!オーダーメイドスタイを手作りで☆

赤ちゃんの成長はそれぞれ違いがあるものです。お店で売っているものがフィットすればよいのですが、小さすぎたり大きすぎたり、ときには肌にあわずに荒れてしまったりと、なかなかぴったりと合うスタイを見つけるのは難しいかもしれません。それなら赤ちゃんの成長に合わせたスタイを手作りしてみるのはいかがでしょう?

出典:@ makiikomaさん

・すぐにそろうシンプルな材料はこちら


・使わなくなったベビー服 
・糸
・手縫い針orミシン
・アップリケやタグなど(必要に応じて)
・布用マーカー(チャコペンなど)
・マジックテープorボタンorひも

・スタイの作り方


1.作りたいスタイの形を決め、型紙を用意。
2.型紙に合わせて布を裁断する。
3.生地の表側を向き合わせて、縫い合わせる。(返し口を残しておく)
4. 裏側になっている生地をひっくり返して、返し口を閉じる。

■アレンジは無限大!そのほかの素敵なリメイクアイデアをご紹介♡

これまで紹介したリメイクアイデアのほかにも、まだまだ素敵なリメイクアイデアがたくさんありますよ!

・おしゃれで実用的!ベビー服とスタイを使ったリメイクポーチ

出典:@ coke_94_maverickさん

ベビー服とスタイがグラニーバッグに変身!子どもの着替えやおやつを入れたり、買い物ごっこで遊ぶのに使ったりするのもいいですね。

・ふわふわもこもこ!冬用カバーオールがあったかマフラーに♡

出典:@ nuinui_cさん

赤ちゃんのために作られた冬用のカバーオールは保温性が高く、通気性もバツグン!サイズアウトしたカバーオールはマフラーにぴったりの素材なんです。

・女の子をグンとおしゃれにしてくれるリメイクリボン


出典:@ coke_94_maverickさん

リボンは、おしゃれ好きな女の子に欠かせないアイテムですよね。こちらのリボンも冬用カバーオールを使った作品です。ふわふわ素材を活かしたデザインがとってもキュート♡

・はぎれ布はパッチワークにしてズボンやスカートに

出典:photoAC

ベビー服では使える布面積が足りなかったり、汚れがあったりで十分な大きさの生地が用意できないときには、はぎれ布でパッチワークにするのがおすすめ。パッチワークにして保管しておくと、ズボンやスカート、マットなど、いざ作りたい!と思ったときにすぐに使えて便利ですよ。

■ちょっとのひと手間で大変身!ベビー服は捨てずにリメイクするのが◎

うれしかったことも、大変だったこともいろんな思い出が詰まったベビー服。できればいつまでもそばに置いておきたいけど、子どもの服は増えていくばかり…。今回は、そんな悩みを一気に解決してくれるベビー服のリメイクアイデアを紹介しました。大切な服だからこそ、子どもが成長しても使えるアイテムにリメイクして、長く親しんでみるのはいかがでしょうか?

harukomama

4歳の男の子のママ。メイクも料理も子育てもなんでも時短でできるものが好き☆

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp