Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

“察しない&待つ”が、社会で強く生きていける子どもを育てる

vol.991【1日1成長お母さん】子どもが「のど渇いた」と言ったら、まずは言葉を繰り返そう

相手に正しく伝えられる子になるために、簡単にできるコツがあります

とある幼稚園の先生が「子どもがトイレに行きたくなった時に『先生、おしっこ』と言いに来ることがある」と言われていました。先生は笑いながら「先生は、おしっこではありません」と返事をするそうです。
先生は子どもに自分の気持ちを伝え、助けが必要な時は相手にどうしてほしいかを言えるようになってほしいとのこと。自分でトイレに行ける歳であれば「先生、トイレに行ってきます」と言えると良いでしょう。
正しく伝えられる子になるために、お母さんが簡単にできるコツがあります。

子どもがどうしてほしいかを伝えるまでは、言葉を繰り返すだけでOK!

子どもが「のどが渇いた」と言った時「はい、お茶どうぞ」とお茶を用意してあげることがあるかもしれません。しかし「のどが渇いた」はただ気持ちを述べただけ。
ここでお茶を用意してしまうとお母さんが、子どもが要望を伝える前に先回りしていることになります。「のどが渇いた」と言われたら「のどが渇いたんだね」と言葉を繰り返すだけでいいのです。
大切なのは、子どもがやってほしいことを伝えられるまで待つことです。

「どうしたいの?」と尋ねて、自分の要望を伝えられるきっかけを作ろう

今まで伝える前に要望をくみ取ってもらっていたのに、急にお母さんが「のどが渇いたんだね」と答えるようになってしまったら、子どもは「だからのどが渇いたんだよ!!」と怒り出するかもしれません。
なかなか子どもが上手く言葉で伝えられないようであれば「じゃあ、どうしたいの?」と聞いてあげてください。
それが「のどが渇いたから、お茶ちょうだい」と、自分の要望まで正しく伝えられるようになるきっかけとなります。

伝える前に分かってあげられるのは、子どもに関心があるお母さんならでは

要望の先回りは、子どもと長い時間一緒にいて、いつも関心を向けてあげられているお母さんだからこそできてしまうのです。しかし子どもが大きくなって世界が広がっていくと色んな人と出会ようになり、正しく言葉で伝えないと相手に分かってもらえないこともでてきます。
物事がその先に進まなかったり、自分の希望が叶わないこともでてくるかもしれません。まずはお母さんが察しすぎない、そして待つ。それが強く社会を渡り歩いていける子どもを育てます。

今日の1日1成長

子どもが自分の要望を伝えられない時は「どうしたいの?」と尋ねてみよう
子どもの伝達力も1成長、お母さんの忍耐力も1成長。
田中京子(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

Instagram @mamagirl_jp