出典:@12atomu123さん

Baby&Kids

おくるみを手作りしてみよう♪素材選びも♡フード付きも♡作り方レクチャー

生まれたばかりの赤ちゃんを包みこむおくるみ。退院時から使うものだから、せっかくなら手作りしたい!との声もあるようです。
おくるみは直線で縫うだけで完成するので、裁縫はあまりしないという人でも取り組みやすいアイテムなんです。今回はおくるみに使いたい素材や作り方などご紹介します。

赤ちゃんにオリジナルの一枚を手作りしてみませんか?

 

■おくるみを手作りするときにおすすめの素材は?

出典:photoAC

赤ちゃんを包むものだからこそ、肌触りの良いものを選びたいですよね。おくるみに使う素材は、肌への心地良さに加えてある程度の耐久性のあるものがおすすめです。
また、一般的なおくるみのサイズは90×90cmなので、このサイズのものが作れる大きさの布を選びましょう。

・厚みのあるバスタオルは新生児向き◎

出典:photoAC

バスタオルで作ったおくるみは、赤ちゃんのバスポンチョとしても重宝します。ある程度の厚みがあって、ふわふわとしたやさしいさわり心地のものがおすすめです。
一般的なバスタオルは幅が70cmほどのものが多いので、一般的なおくるみよりは小さくなりますが、新生児の赤ちゃんにはちょうど良い大きさのものができあがりますよ。

 


 
 

・吸水性もあるガーゼ生地はおくるみにぴったり


 
 

 

出典:photoAC

汗かきな赤ちゃんには吸水性もあり、肌によくなじんでくれるガーゼ生地がおすすめです。通気性も良く、洗濯後に早く乾くのもポイント。ただ、一枚では厚みがなく薄いため、ダブルガーゼやトリプルガーゼを使うと良いでしょう。

・肌への優しさで選ぶならやさしいオーガニックコットン

出典:photoAC

生成りの物が多いオーガニックコットンは、染色や加工の工程が少ない分、より肌にやさしいといわれています。生まれたばかりの赤ちゃんに使うからこそ、やさしい素材のものを選びたいというときには、オーガニックコットンのものがおすすめです。

・使う季節はいつ?夏と冬で素材を変えよう

出典:photoAC

夏と冬では気候も変わるので、おくるみに使用する素材を変えて赤ちゃんが過ごしやすいよう調節しましょう。 夏は通気性と吸水性に優れたタオル地やガーゼ生地のもの、冬には暖かみを感じるフリース生地やボアのついたものが使いやすいですよ。
ただ、部屋のなかでは空調がきいていることもあり、おくるみは通年使えるガーゼ生地を選び、その上からケープや毛布などをかけて調節するママも多いようです。

 

■おくるみのデザインはどうする?

出典:photoAC

手作りのおくるみは、素材だけでなくデザインを考えるのも楽しみのひとつ。販売されているおくるみをみると、正方形や長方形、フードの有無や足を入れる部分付きなどさまざまなものがあり、どんなおくるみに仕上げようか迷いますよね。おくるみのデザインについてチェックしていきましょう。
 

・フードのありなしはどうする?


おくるみにはフード有無の違いがありますが、基本的な使い方は同じです。 おくるみを使ったことのある先輩ママたちの声を聞いてみると、「赤ちゃんは、まだ髪の毛が生えそろっていないからフードがあると頭まで包めて暖かい」との意見がある一方、「あまりフードを使用しなかった」との意見も。
フードなしのおくるみは赤ちゃんを包む以外におむつ交換時の敷物、防寒目的のかけ物などとして用途が広いという声もありました。
 

・耳付きデザインもで赤ちゃんのかわいさ倍増♡


おくるみのフード部分に「耳」をつけると、赤ちゃんがフードをかぶったときに着ぐるみみたいなかわいらしい仕上がりになりますよ。
三角にしてネコ風、丸くしてクマ風、長い耳ならウザギ風の耳付きおくるみのできあがりです。耳の部分だけ、素材や色を変えたり、リボンをつけたりとアレンジの幅も広がりそうですね。
 

・おもて面に刺繍をして特別感を出すのも◎!


オンリーワンのおくるみを作るなら、おもて側に刺繍をするのも素敵です。名前を入れたり、お気に入りの柄を入れたりすれば、オリジナリティ溢れる一枚が完成しますよ。
最近では、あらかじめプリントされたイラストの通りに刺繍を入れて仕上げるおくるみの手作りキットも販売されています。赤ちゃんの誕生までに思いを馳せながら手作業をするのも楽しいのではないでしょうか。

 

■作る前に確認しておこう!水通しの方法と必要性

おくるみを作る前にしておきたいのが、水通しです。作る前にきちんと把握しておきましょう。

 


 
 

・そもそも水通しっていったい何?


 
 

 

出典:photoAC

水通しとは、新品の洋服やタオルを使う前に水洗いすることです。新品の布製品には、のりがついていたり、しわや防虫対策のために使われた薬品がついていたりすることがあります。
デリケートな赤ちゃんの肌には、刺激が強く肌荒れの原因になってしまうことも。使う前に水通しをしてのりを落としておく必要があります。

 

・生地の水通しはおくるみを作る前に!



「使う前に水通しするから」と、水通しせずにおくるみ作りを進める人もいるかもしれません。しかし、生地の種類によっては、洗うと縮んでしまうものもあります。きっちり採寸して作ったはずが、洗ってみると縮んでしまう可能性も。前もって水通ししておくことで、仕上がりサイズを調整することができます。
布目を整えるという側面もあるため、おくるみの仕上がりがよりキレイになりますよ。
 

・水通しのやり方が知りたい!



水通しは洗濯機でも手洗いでもどちらでもOK!ただし、洗濯機で行う場合は洗濯機を洗浄してからにするのがいいでしょう。また、どちらの場合も洗剤は使用しません。

<洗濯機で水通しをする場合>

出典:photoAC

1.洗濯ネットに布地を入れ、洗濯機に入れる
2.手洗いコースやおしゃれ着コースなど、優しく洗えるコースを選択
3.通常通り洗濯機を回し、脱水後風通しの良い場所に干して乾かす

<手洗いで水通しをする場合>

出典:photoAC

1.洗面器や洗面台、洗濯桶に水かぬるま湯を張る
2.布地をもみ洗いする
3.よくすすいで絞り、水気を取る
4.風通しの良い場所に干して乾かす

 

■まずはココから!おくるみの基本的な作り方

出典:photoAC

ここではおくるみの基本的な作り方を紹介します。一般的なおくるみのサイズである90×90cmの正方形、フード付きおくるみを作る場合の作り方です。
 

・材料



本体用 おもて生地 93×93cm …1枚
本体用 裏生地 93×93cm …1枚
フード用生地 25×25cm …1枚
 

・おくるみの作り方の手順



1.フード用生地をおもて面が外になるよう三角形に折り、本体用おもて生地の左上の角に合わせて置く
2.1の上に本体用裏生地を中おもてになるよう置いて、全体をマチ針で固定する
3.返し口用に20cmほど間を残して、一周縫う。
4.縫い代部分にアイロンをあて割ったら、角の部分に指を入れるようにして返し口から返す
5.全体にアイロンをかけて形を整えて、返し口を縫ったら完成!

基本的には直線縫いしていくだけなので手縫いでもできますが、サイズが大きいのでミシンがあると便利です。

 

■おくるみを編み物で作る方法も!

おくるみを編み物で作る方法もありますよ。使用する毛糸は肌に刺激を与えない、やわらかい素材のものを選びましょう。ここでは98×98cmの一色の毛糸で作るおくるみを紹介しますが、複数の色の毛糸を使うのも◎デザイン性のあるおくるみができあがりますよ。
 

・材料



中細~合太の毛糸…11玉
かぎ針…5/0号
 

 

・編みおくるみの作り方手順



1.輪の作り目をして、8cm角のモチーフを144枚編む
2.1のモチーフを縦12×横12枚に外おもてになるように並べて合わせ、鎖はぎをしてつなぎ合わせる
3.全体の縁編みをして完成!

■100均アイテムを活用して作る方法

100均アイテムを活用しておくるみを作るなら、吸水性抜群のバスタオルを使うのがいいでしょう。バスタオルは『DAISO(ダイソー)』や『Seria(セリア)』、『Can Do(キャンドゥ)』など、どこの100均でも購入できるはず。

出典:photoAC ※写真はイメージです

 

・材料



バスタオル(おくるみの内側)
お好きな布地(おくるみの外側)
 

・タオルおくるみの作り方手順



1.バスタオルを短い辺に合わせ、正方形にカット
2.もうひとつの布地を同じサイズにカット
3.2枚を中表に合わせて、返し口を残して縫う
4.ひっくり返して表にし、返し口を閉じて完成!

 

■最初はおくるみのキットを買って作っても◎

初めて作るときにはいろいろ不安という場合には、おくるみの手作りキットを使うのも手です。楽天では、「手芸の山久」さんなどおくるみのキットを扱うお店がありますのでチェックしてみてください。

 

■みんなの手作りおくるみをチェックしよう!

ここからは、インスタグラムでみつけた素敵なおくるみをご紹介します。どのおくるみも参考にしたくなるほどキュートなデザインのものばかりですよ。

・ミトンとセットのニット生地おくるみ

出典:@yu_ka1110yさん

こちらはダブルガーゼとニット生地を使用したフード付きおくるみです。落ち着いた色合いで赤ちゃんも心地良く包まれてくれそうですね。手作りのおくるみは余った生地でおそろいのミトンを作ることもできます。

・バスタオル生地のおくるみとスタイ

出典:@12atomu123さん

こちらはバスタオル1枚、フェイスタオル2枚と綿の生地を使用して作られたおくるみとスタイです。夏に生まれる女の子の赤ちゃんのために、と愛情がたっぷり込められた一品に仕上がっています。
フード部分にあしらわれたレースがワンポイントになって素敵ですね!

・冬に活躍!フリース生地のおくるみ

出典:@masa.smileさん

こちらは冬に備えて、フリース生地を3枚重ねて作られたという暖かいこと間違いなしのおくるみです。正方形や長方形のおくるみが多いですが、ファスナーで開け閉めできるこちらのデザインもとても魅力的ですよね。

■手作りのおくるみは簡単だけど思い入れの深いアイテム

おくるみは材料さえそろえば、あとは直線に縫っていくだけなので裁縫初心者さんでも取り組みやすいアイテムといわれています。先輩ママのなかには「簡単に作れるものだけど、赤ちゃんを包んだ思い出がずっと残って捨てられない!」との声もありましたよ。記憶に残る思い出のおくるみ作り、一枚作ってみてはいかがでしょうか。

minarico

レゴとサッカーをこよなく愛する幼稚園児男子と我が強めの1歳女子を子育て中!趣味はトレンドをSNSで探ること。家事に手を抜きつつ楽しく暮らすのが今の目標♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!