Baby&Kids

「子育てがつらい」と感じるのは子どもが順調に育っている証拠

vol.1062【1日1成長お母さん】ワガママなのではなく、生き抜く力を発揮し始めた素敵な成長

子どもは成長する瞬間に一番手が掛かる。大変だけど喜ばしいこと

子どもは2歳ごろになると何でも「イヤ」とばかり言うことがあります。それまでは愛嬌が良くてかわいらしかったのに突然どうしたんだろうとお母さんは戸惑うかもしれませんね。育児に対してストレスを感じることも多くなります。
「このままワガママな子に育ったら大変」と思い厳しく叱っても、子どもは言うことを聞いてくれないことが多いもの。でも大丈夫です。子どもは成長する時にこそ手が掛かるものなのです。

子どもの言動に一切無駄はない。意味のなさそうなことも全て必要な学び

子育てがやりにくいと感じるのはどんなときでしょうか。
「これじゃないとダメー!」と毎日同じ服を着たがる時?靴を履くのもボタンを掛けるのも「自分でやる」と言う時?「自分でやる」と言っておきながらうまくできなくて泣きながら暴れだした時?どんな時もうんざりしそうですね。
このようなお母さんが困ってしまうような行動は全て、子どもにとって社会を生き抜くために必要なものなのです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]