Baby&Kids

「子育てがつらい」と感じるのは子どもが順調に育っている証拠

vol.1062【1日1成長お母さん】ワガママなのではなく、生き抜く力を発揮し始めた素敵な成長

子どもは成長する瞬間に一番手が掛かる。大変だけど喜ばしいこと

子どもは2歳ごろになると何でも「イヤ」とばかり言うことがあります。それまでは愛嬌が良くてかわいらしかったのに突然どうしたんだろうとお母さんは戸惑うかもしれませんね。育児に対してストレスを感じることも多くなります。
「このままワガママな子に育ったら大変」と思い厳しく叱っても、子どもは言うことを聞いてくれないことが多いもの。でも大丈夫です。子どもは成長する時にこそ手が掛かるものなのです。

子どもの言動に一切無駄はない。意味のなさそうなことも全て必要な学び

子育てがやりにくいと感じるのはどんなときでしょうか。
「これじゃないとダメー!」と毎日同じ服を着たがる時?靴を履くのもボタンを掛けるのも「自分でやる」と言う時?「自分でやる」と言っておきながらうまくできなくて泣きながら暴れだした時?どんな時もうんざりしそうですね。
このようなお母さんが困ってしまうような行動は全て、子どもにとって社会を生き抜くために必要なものなのです。

ワガママに見えるのは自己主張の初心者だから。立派な社会勉強の始まり

お母さんの言うことを素直に「はーい」と聞いてくれたら子育てはとても楽です。ですがそればかりでは、社会に出ても人の言うことを聞くだけで自分の意志を持たない、素直だけが取り柄の人間になってしまいます。
社会では自分の主張を通そうとする力と、他人の意見を聞いて双方が納得できる着地点を見つける力が必要です。子どもは自分の意志を持ち始めると、それを主張しようと頑張ります。まだうまく主張できずただワガママを言っているように見えますが、喜ばしい成長なのです。

子どもの成長を応援するお母さんができること。自己主張を受け止めよう

子どもが自己主張しだしたらまずは子どもの気持ちを受け止めて言葉にしてあげてください。「イヤなんだね」「これがいいんだね」といった具合です。
受け止めたからといって子どもがお母さんの言うことを聞くというわけではありませんが、子どもは「お母さんは分かってくれた」と感じて気持ちが落ち着いてきます。
この時期はずっと続くわけではありません。自己主張をしてお母さんが気持ちを受け止めてくれた経験の積み重ねが、うまく人と関われる子どもへと成長させてくれるでしょう。

今日の1日1成長

子どもが自己主張したら「イヤなのね」と気持ちを言葉にしてあげよう
子どもの主張力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
田中京子(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!