Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

子どものわがままに「今日だけよ」と言わなくて済むしつけ方

vol.1071【1日1成長お母さん】「今日だけよ」がわがままを助長する。決めたことは貫こう

上手なしつけを知りたい!理屈が通用しないからこそお母さんの態度が大切

「子どものしつけってどうやってしたらいいの?」と思うお母さんは多いでしょう。小さい子どもに理屈で言い聞かせるには無理があるし、自己主張が激しくて対応に困ることもありますね。
育児雑誌を読むと「子どもに寄り添って」と書いてあるものの、かといって毎回言うことを聞いていてはワガママになるのでは?と心配にもなります。育児に真剣に向き合っているからこそ、その線引きが悩むところです。

イヤイヤ、癇癪、気分屋。その都度子どもに合わせていてはしつけはできない

「子どもに寄り添うことが大事だと思ってできるだけ本人が言う通りにしているのですが、最近自己主張がエスカレートして癇癪を起こすんです」というAちゃんのお母さん。
見ていると、Aちゃんが「これ!」「やっぱりこっち!」とコロコロ意見を変える度に、お母さんは「あらこっち?」「今度はこっちなのね?」と言うことを聞いています。
そのうちAちゃんのイヤイヤが始まり、お母さんは「じゃあ今日だけね」とAちゃんの要求を受け入れてしまいました。

子どもをしつけたいときはお母さんの一貫性が大切。毅然とした態度で

Aちゃんのお母さんは“寄り添う育児”を大事にしていたのですが、実際に行なっていたのは何でも“Aちゃんの言う通り”にすることでした。寄り添いとは、ただ言うことを聞くことではなく気持ちを理解して共感することです。
したい、したくないという気持ちは認めても、それに伴う行動が好ましくないものであるなら、正してあげなくてはいけません。お母さんの態度から子どもは規律を学びます。
お母さんが子どものために断固とした態度を取ることが、子どもの規律を形づくっていくのです。

変わらない姿勢と言い切り口調が効果的。お母さんの意思をはっきり伝えよう

子どもをしつける時は「今日だけよ」は禁句です。お母さんは自信を持って一貫した姿勢を貫きましょう。
「するの?しないの?」という選択権が生じる言い方ではなく、思い切って「します」と言い切ってお母さんの意思を示しましょう。「帰ろうか?」ではなく「帰ります」「ご飯にする?」ではなく「ご飯です」という具合です。
お母さんの姿勢に子どもは納得することができます。「今日だけよ」は封印して、思い切った言い切りで子どもを導きましょう。

今日の1日1成長

しつけに「今日だけよ」はNG!言い切り口調でお母さんの意思を伝えよう
子どもの理解力も1成長、お母さんの統率力も1成長。
むらたますみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp