Baby&Kids

夏の遊びを存分に楽しむことが集中力UPのチャンスになる

vol.1089【1日1成長お母さん】外での遊びで鍛えた集中力は、習い事や学習にも活きる力になる

夏こそ外遊びの本領発揮!山や川、外は興味の溢れる物でいっぱい

“夏休み”や“子ども”という言葉から、どんな様子をイメージしますか?
1つの例として、麦わら帽子を被り手には虫取り網を持って元気に走り出す子どもの姿を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。また小学生の“夏休みのしおり”の表紙に描いてあるような、自然豊かな背景に夏の虫や水遊びグッズなどを思い浮かべる人もいますよね。
実は子どもの集中力を高めるのにぴったりな状況をしおりの表紙で発見することができるのです。

夏休みの定番、川遊びを楽しむ子ども達。何度もトライする姿を見守ろう

Nさん一家の夏の定番は、田舎風景広がる中での川遊び。子ども達は水遊びも大好きで、虫籠を持って魚を捕まえるのも楽しみの1つです。石を集めたり泳いだりしながら自由に遊びます。
魚を捕まえている時の様子を見たお母さんは、肉食獣が目を光らせて獲物を狙う状況を思い浮かべたそうです。瞬きをせずに魚を見つめ、音を立てないように指先にまで気を配っている子ども達。魚に何度も逃げられますが、諦めずに何度も挑戦し続けていたそうです。

狩猟本能を呼びおこせ!魚とりや虫取りは集中力アップのチャンス!

獲物を狙う動物は、目を離さずに集中していますよね。人間も同じです。魚や虫を捕まえるためには、神経を研ぎ澄まして集中する必要があります。
魚つかみや虫取りは、大人でも難しいこと。何度も何度も繰り返してチャレンジすることは、さらなる集中力アップにつながります。そして、不安定な足場で遊ぶことはバランスや危険予知能力などを育むことにもなります。
水分補給や適度な休憩に気をつけて夏の遊びを楽しんでくださいね。

遊びで集中する快感を覚えると学習や習い事でも集中できるようになる

子どもが元気に遊ぶ姿は、お母さんを嬉しい気持ちにする反面「遊んでばかりで勉強しなくて大丈夫?」と心配にさせることも。
でも大丈夫!心配いりません。遊ぶことで得た集中する感覚は、勉強や習い事に集中する力に活きてきます。
子どもが楽しく遊んでいる時、お母さんは子どもの様子を観察し、見守るだけで十分です。何に夢中に取り組んでいるかを見て、困った時には助けてあげる。お母さんは、それだけで子どもの力になっています。

今日の1日1成長

行動を観察し、見守ることで子どもの集中力はさらにパワーアップする
子どもの集中力も1成長、お母さんの観察力も1成長。
かわさき ちか(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!