Baby&Kids

何度言ったら分かるの?と叱るより、親がお手本を見せてあげよう

vol.1149【1日1成長お母さん】百聞は一見にしかず。言ってもダメなら見せて教えよう

「何度言ったら分かるの?」子どもが何度言われても繰り返してしまう理由

子どもに毎日毎日、同じことを注意しなければいけないことは多いもの。そのたびにお母さんはイライラしてしまいます。
サッサと着替えをしない、ダラダラと食事をするなど「早くしなさい」「何度言ったら分かるの?」と思わず言いたくなるものです。
実はある実験で、子どもに同じことを何度言ったら理解できるのか調べた所、なんと500回言う必要があったそうです。驚きの回数ですが、子どもの理解力は未発達で大人のようにはいかないということです。

大声で叱っても効果は一時のもの。子どもには具体的に伝える方が効果的

A君は毎朝お母さんから「早くご飯を食べようね」と言われていますが、一向に早く食べません。「ダラダラしないの!」とお母さんの口調が厳しくなり、ついに「何度言ったら分かるの?」と叱られます。
慌ててご飯を食べるA君ですが、この叱り方は効果的ではありません。子どもは大人よりも適応する力が優れています。
はじめは効き目があっても、そのうち叱られ慣れていきます。するともっと大声で叱らなければならなくなり、きりがありませんね。

言ってもダメな時は見せてみよう。子どもの遊び心をつかめば効果も高くなる

こんな時に有効なのが、早く食べる理由を伝えることです。「幼稚園に遅れてしまうから早くご飯を食べようね」と具体的に伝えることが大切。言っても理解できていない時は見せて伝えましょう。
子ども理解力の90%は視覚情報からと言われています。お母さんが目の前で「こうやって食べるのよ」とテキパキ食べる姿を見せてあげてください。
何より子どもは楽しい事が大好き!「お母さんと競争しよう」と遊び心を取り入れるとより効果的です。

子どもは記憶力が未熟。何度言っても伝わらない時はアプローチを変えてみる

大人でも一度言われただけではできない事があります。何度も言われ、失敗しながらできるようになるのです。ですから子どもができなくても不思議ではありません。
何度も言っていると感じるのであれば、一度数えてみませんか?数えてみると、500回言って理解してもらおうなんて気が遠い話だと思うことでしょう。
同じ事を繰り返し言っても効果の無い時は方法を変えてみましょう。この方法は違うのね?など実験のように子どもに合ったアプローチの仕方を探してあげると楽しくなります。

今日の1日1成長

何度言ったら分かるの?と叱るより、子どもに合った方法を探してあげよう
子どもの適応力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
わたなべみゆき(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!