出典;photoAC

Baby&Kids

幼児とは何歳から何歳までを呼ぶ?実は細かく定義が決まってる!

赤ちゃん、小児、キッズなどなど、小さな子どもを指す言葉にはさまざまな名称があります。医療機関や公的機関などでよく聞く言葉だけでも、「新生児」「乳児」「幼児」「児童」などなど…。でもこれって何歳から何歳までを指す言葉か、意外とはっきり知らない人もいるのではないでしょうか。1歳は赤ちゃん?それとも幼児?と混乱することもあるかもしれませんね。
今回はそんな「幼児」の定義について詳しく調べてみました!

まずは「幼児とは」という基本情報から、正しい知識をいっしょにチェックしていきましょう。

■幼児とは何歳から何歳まで?法律で決まってるの?

出典;photoAC

幼児とは、日本の法律上では満1歳から就学前の子どものことを指します。就学前というと、小学校に入る前ということなので、基本的には6歳くらいまでの子どもに当たりますね。
しかし、辞書には「幼い子」全般を幼児とする意味も載っているため、昔の文学や文章などでは小さな子どもの意味で幼児と書かれているケースも。
また、大手旅行サイト「じゃらんnet」によるとホテルや旅行シーンなどの「幼児」の表記は0歳児~未就学児を指しているそう。しかし、「楽天トラベル」では0~1歳までを幼児としていたり、飛行機やバスなど座席を有するシーンでは0歳~2歳児や0歳~未就学児を幼児とする表記もあったりと、トラベル業界では特にバラつきが見られます。
なんだか混乱してしまいそうですが、それぞれ場面によって確認すべきという認識を持っておくと良いかもしれませんね。

■幼児期の特徴はこれ!年齢別の発達の様子

幼児と一口に言っても約6年間の期間があるわけですから、成長の段階としてはかなり幅広いですよね。ここではそんな1歳から6歳までの幼児期の特徴を年齢別にご紹介します。

・1~2歳の特徴、イヤイヤで手を焼くことも

出典;photoAC

1歳から2歳は成長が目まぐるしく特に面白い時期です。ほとんどの子が歩いたり走ったりするようになり、好奇心が育ちます。言葉も出始め、自我や知能の発達により生まれる「自分でやりたい」という気持ちが癇癪に繋がることも。いわゆるイヤイヤ期の始まりに手を焼くのがこの時期の特徴と言えます。

・3~4歳の特徴、知的好奇心が増し子どもらしく

出典;photoAC

3~4歳ごろになると、運動量が増え身長が伸びることで体格がほっそりしてきます。赤ちゃんらしさはなくなり、幼児らしい体つきに。手先も器用になり、着替えやトイレなど自分のことができるようになってくるころです。「これなあに?」「なんで?」など知能の発達により大人を質問攻めにする時期でなぜなぜ期とも呼ばれます。

・5~6歳の特徴、社会性が芽生え問題解決能力も向上

出典;photoAC

幼児期の最終段階である5~6歳は、お兄ちゃんお姉ちゃんらしくなってくるでしょう。社会性が発達し、周りの様子を冷静に見て判断できるようになるのがこの時期です。自尊心も育ち、自分なりのルールや判断を持っているため、大人顔負けの発言をしてパパやママをどきっとさせることも。小学校入学に向けて、思考力を伸ばすための準備に適しているのもこの年齢の特徴です。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]