出典:@miyuu___mamaさん

Baby&Kids

チャイルドシートの付け方完全攻略!おすすめ商品のポイントや注意点も

小さなお子さんのいる家庭では必ず必要になってくるチャイルドシート!チャイルドシートとは車に付ける幼児用の座席のことですが、6歳未満の幼児に対しては法律で装着が義務化されていますよね。
最近のチャイルドシートは安全性や機能性がとても高く、付け方なども簡単で扱いやすいものが多く販売されているんです。

今回は、チャイルドシートの基本的な付け方やメーカー別におすすめポイントなどを紹介します。

 

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

■チャイルドシートの取り付け位置はどこがベスト?

出典:photoAC

一般的に子どもが座るシートのことを指すチャイルドシートですが、実際には年齢や身長・体重によって乳児用の「ベビーシート」、幼児用の「チャイルドシート」、もう少し大きな子ども用の「ジュニアシート」と3つの種類。 いずれもチャイルドシートの取り付け位置で悩む方は多いと思いますが、安全性や乗り降りのしやすさから、一般的には“運転席側の後部座席”に取り付けるのが良いと言われています。

■取り付けてはいけない位置もある!

チャイルドシートを取り付けると危険な位置もあるので確認していきましょう。

 



・エアバッグがある座席



 


出典:photoAC

多くの車の助手席には、衝突から守るためにエアバックが標準装備されています。万が一の事故でエアバッグが開きチャイルドシートに当たった場合は、子どもにとっては衝撃が強すぎる可能性もあります。

 



・シートベルトが設置されていない座席



車の構造上、後部座席の真ん中にチャイルドシートを取り付けるのは難しいでしょう。正しく取り付けられないため、危険が生じてしまいます。 ただし、「シートベルトは設置されていないけどISOFIX対応の金具はある」という場合は、ISOFIX対応のチャイルドシートであれば設置可能です。



・進行方向に向いていない座席



一部の車両にはなりますが、進行方向に対して横向きや後ろ向きになっている座席へチャイルドシートを取り付けるのは危険です。そもそもチャイルドシートは、進行方向に対して前向きの座席に対して設置することを想定して作られているので覚えておきましょう。 次の項目からは、チャイルドシートの付け方をチェック!基本的には後ろ向き・前向き・ISOFIXの3パターンなので、それぞれ付け方の特徴やおすすめポイントなどを紹介します。


SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE