出典:photoAC

Baby&Kids

マタニティーブルーは誰にでも起こる!準備しておきたい産後の生活

待望の妊娠、そして出産を終え、かわいいわが子を抱くことができたのに、なぜか気分が落ち込んだり、不安な気持ちが止まらない、やる気が出ない…ということはありませんか?この気持ちの変化は、産後によく起こる「マタニティーブルー(マタニティーブルーズ)」という状態です。異常なことではなく、誰にでも起こり得ることです。

マタニティーブルーを含め、産後の生活を不安に思われている方もいらっしゃるかと思います。産後の生活に向けて、知っておくべきことや準備できることを見ていきましょう。

■程度の差はあれ産後は誰もが不安になる可能性あり

出典:photoAC

出産は、約10カ月間お腹の中で育てたわが子と、初めて対面できる感動の瞬間です。それと同時に、出産によって体の中では大きな変化が起こります。出産後、子宮は日を追うごとに収縮し、悪露が出て妊娠前の状態に戻っていきます。また、母乳が出るように乳房が張り、痛みが出るぐらいにカチカチになる日もあります。そして、身体面だけでなく、精神面での変化も起こります。

・とにかく不安!マタニティーブルーと呼ばれる状態とは

出典:photoAC

マタニティーブルーとは、出産後にわけもなく涙が出たり、なんとなく憂うつな気分になったりする状態をいいます。出産後の女性の20~30%にみられるため、誰がなってもおかしくありません。症状には、体のだるさや睡眠障害、集中力の低下や物覚えの悪さなどがあり、子どもに愛情をもてないと感じる場合もあります。

妊娠中に精神的に落ち込む状態をマタニティーブルーと呼ぶ場合もありますが、本来マタニティーブルー(マタニティーブルーズ)は産後の状態をいいます。看護師国家試験にも出題されており、「マタニティーブルーズは出産後10日以内にみられる」が正解です。

・精神的に落ち込むマタニティーブルーはパパにもある?

出典:photoAC

パパの育休取得が推進されていますが、それにともなってパパのマタニティーブルーが問題になっています。「パタニティブルー」とも呼ばれるこの現象は、ママとの関係の変化や金銭面・責任面での負担増加、子どもを育てていくという重圧などによって起こるとされています。

症状としては、睡眠障害や頭痛、ひどい肩こり、下痢や便秘、体のだるさなどがあり、ときにはうつ状態になる場合もあります。育児に積極的な男性ほどなりやすいという特徴があるのを知っておきましょう。

■産後、精神的に落ち込むマタニティーブルー!原因は?

マタニティーブルーはなにが原因で起こるのでしょうか?原因を見ていきましょう。

・最大の原因は産後のホルモンバランスの変動

出典:photoAC

出産後、一気に体は変化します。特に変化が大きいのがホルモンバランスです。妊娠中、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンをはじめ、さまざまなホルモンが妊娠を維持するために多く分泌されます。それが、出産したとたんに分泌量がガクンと減少します。この急激な変化が、マタニティーブルーなどの変化を引き起こす大きな原因の1つになります。

・初めてづくしの毎日!産後は環境の変化も劇的

出典:photoAC

特に1人目を出産したときには、初めての出産から初めての抱っこ、授乳、おむつ替えと初めてづくしの毎日が続きます。さらに赤ちゃんが泣いたり、思い通りにいかなかったりすることが続くと、精神的に消耗しやすくなります。また、慣れない入院生活もストレスの原因になりやすいです。

・家族の言動も原因に!些細なことがそうじゃなくなる


いつもなら気にならなかったり、受け流せたりすることがそうではなくなるのが産後です。特にパパからママへの声かけには細心の注意を払ってもらうことが大切です。産後で満身創痍のママに、「出産長くて疲れたよ」「俺のごはんはどうなる?」など、負担をかけるような言動は控えて、思いやりのある声かけをしてくださいね!

■産後の安定した生活に向けての対処法

産後は、骨盤やその周りの筋肉や腱、子宮や産道周辺が正常な状態に戻るのには時間がかかります。さらに、マタニティーブルーやパタニティブルーで、ご夫婦ともにいっぱいいっぱいの状態になることも考えられます。特にママは産後1カ月は体をできるだけ休める必要があるので、無理は禁物!

このようなことを想定して、退院後の生活を最小限の負担で乗り切れるように、妊娠中から準備しておくことが大切です。その方法をご紹介します。

・食事の手配は最重要事項!ポイントは周りに頼ること

出典:ぱくたそ

食事は生きる基本です。特に、産後は体を回復させるのに、栄養豊富な食事が不可欠になります。産後の食事を誰が準備するのか、これは出産前にご夫婦や家族でしっかり話し合っておきましょう。

特に実家が遠方だったり、頼れない状況にある場合には、夫婦でなんとかする必要があります。さらにパパが育休や時短勤務が不可能だったり、料理スキルがない場合には、宅食や生活協同組合などの食事の宅配や、ネットスーパーの利用を検討し、出産前に申し込みをしておくのがおすすめです。

・洗濯や掃除は誰がする?赤ちゃんの洗濯物は意外に多い

出典:photoAC

料理以外にも家事は無数にあります。特に洗濯と掃除はこまめにしておきたいところですね。赤ちゃんは汗をかきやすく、母乳やミルクのはき戻しが頻繁なこともあり、1日に数回着替えることも少なくありません。さらに、赤ちゃんの洗濯物は専用の洗剤を使うことが多いので、大人の洗濯とは別にすることになります。

また、赤ちゃんのいる環境で埃だらけは避けたいですね。水回りの汚れも数日放置するだけで気になることもあります。これらの家事も料理と同じく、誰がいつするのか産前に話し合っておきましょう。実家やパパを頼る以外に、産後ヘルパーさんや家事代行サービスを依頼するという方法もありますので、検討してみましょう。

・おむつやナプキンは産後必須!日用品は買いだめを

出典:ぱくたそ

赤ちゃんのおむつや、ママの生理用ナプキンはしっかり買いだめしておきましょう。また、トイレットペーパーやティッシュペーパー、洗剤類などの日用品も2カ月分ぐらいは買っておくと安心です。

産後にネット通販で購入する方法もありますが、宅配が来ることでせっかくの休息時間を逃がしたり、赤ちゃんが泣く原因にもなるため、買いだめできるものはしておきたいところです。お腹が大きくなる妊娠後期より前に、パパといっしょに買出しに出かけましょう。

・気軽に何でも相談できる友人などに話を聞いてもらう

出典:photoAC

産後は、日中赤ちゃんと2人きりという場合も少なくありません。大人と会話する機会はとても大切なものになります。
そのため、妊娠中から友人や家族との連絡は密にしておくほうが良いでしょう。産後急に連絡するよりも気分的に相談しやすくなります。

■産後このような状態ならマタニティーブルーかも?

出産後5日目までに下記のような状態が見られたら、マタニティーブルーかもしれません。特に1と2の両方の症状があり、3~7の症状のうち2つを満たしている場合は、マタニティーブルーの可能性があると考えられそうです。
(※ただし精神疾患などがある方は除きます)

1.なにもなくても泣きたくなったり、涙が自然に出てくる
2.気分の落ち込み
3.不安な気持ちや心配な気持ちが治まらない
4.ずっと緊張している
5.落ち着かない
6.疲れを感じる
7.食欲がない
8.集中できない

もしこれらの症状が産後10日を過ぎても回復しないようであれば、産後うつという状態の可能性があるかもしれません。産後うつを放置すると、状態によってはママと赤ちゃんにとって良くない事態を招いてしまうなんてことも。絶対に我慢せずに、早めに産婦人科を受診しましょう。

セルフチェックも大切ですが、一番そばにいるパパが、ママの異変を気づいてあげることが大切です。ぜひ、パパにも覚えておいてもらいましょう。

■マタニティーブルーは周りの助けが必要不可欠!

出典:photoAC

産後はマタニティーブルーをはじめ、さまざまな不調が起きる可能性が高いです。この状態を乗り越えるためには、家族の協力はもちろん、利用できる社会資源をフル活用することが大切です。
自治体によっては、産後ケアを格安で提供してくれるところもありますので、ぜひ自治体HPや広報を確認してみましょう。なにより、これからいっしょに子どもを育てるパパの手腕が問われます。家事をひととおりこなせるようになって、旦那様からパパへと変身してもらいたいですね!

※こちらの記事は看護師資格を保有しているライターが執筆を行っています。

chano

2歳と5歳のそっくり兄妹のママ。看護師(4年)・パタンナー(6年)と全然違う2つの職種を経験し、現在、在宅ライターとして活躍中。本業の傍ら、趣味のハンドメイドでベビーグッズを販売したり、子育て関連や在宅ワークのブログを運営中。両実家遠方・ワンオペの状態で、子育てと仕事に追われる生活を変えるために在宅ライターに転身。働きたいけど働けないママにこの働き方を推進すべく、保育施設付きオフィス・コワーキングスペースを作る野望に向けていろいろ準備中。
【Instagram】atelierchanon
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]