Baby&Kids

お風呂入らない!入りなさい!押し問答から卒業する成功の秘訣

vol.1189【1日1成長お母さん】原因探しから成功の法則探しに転換。子どもの心の成長に繋げよう

どうしたらお風呂に入れる?成功の法則探しで子どもの自己肯定感が育つ

「お風呂に入らない!」子どもに言われるとお母さんは困ってしまいます。汗もかくし一日の汚れを落としてほしい、お母さんはそう思っていても子どもは「お風呂入らなくていいもん」なんて言うこともありますよね。
そんな時にはなぜ入らないかという原因探しから視点を変えて、どうしたら入れるか考えてみましょう。どうしたら成功するか“成功の法則”を探すことで子どもはお母さんが自分のことを考えてくれる、自分は愛されているという気持ちにも繋がります。

お風呂に入らない!=お風呂が嫌いではない。入れたときはどんなとき?

2歳のA君がお風呂になかなか入らずお母さんは困っていました。A君に理由を聞いても「だって嫌だもん」と答えるだけ。水が顔にかかるのは平気ですし、入らない原因が見当たりません。
そんなときは“なぜ入らないの”と原因を探すよりも“入れた時と何が違う?どうしたら入れる?”といった成功したA君を想像することで解決に近づきます。お母さんは以前A君が喜んで入った事を思い出しました。お土産で貰ったお湯の色が変わる入浴剤がその時にはあったのです。

特別感は子どもの心を動かす。お母さんのストレスも減り一石二鳥

今回の解決への鍵はお風呂の時間をお部屋ではできない魅力的な時間にすることでした。そこでお母さんはお風呂でしかできない、壁に絵を描くクレヨンを用意。すると壁に描くということが嬉しかったA君は毎日すんなりお風呂に入るように。
普段しないことをやれることは大人も特別感を感じますよね。お母さんも「入りなさい」「イヤだ」の押し問答がなくなってストレスが減ったと言います。子どももいつもとは一味違った遊びができ、心の満足感に繋がります。

他の事をしている時に話が聞けないのは集中の証。自己決定が背中を押す

他の事が楽しくてお風呂に入らない時は、その遊びに集中できている証拠です。なかなか言うことを聞いてくれないので、お母さんは悩みと感じることもあるかもしれません。でも集中することは知能が発達してきた証拠であり、決して悪いことではないのです。
そんなときには後どれだけ遊んだらお風呂に入るか自分で決めさせましょう。自分で決めたことは人に「~しなさい」と言われた時より行動ができるもの。見通しや計画を立てる力を育むことにも繋がります。

今日の1日1成長

成功のイメージから解決策を考えよう。考える事で子どもの自信にも繋がる
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの想像力も1成長。
みきいくみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!