出典:@ sbrisa812さん

Baby&Kids

おしゃぶりは歯並びに影響する?おすすめ商品や代用品アイデアも

おしゃぶりは赤ちゃんの寝かしつけやグズったときなどに便利なアイテム。赤ちゃんによってはおしゃぶりをすることで安心し、入眠がスムーズになったり泣き止んだりすることもあります。ですが、おしゃぶりを使うと赤ちゃんの歯並びが悪くなるなんて話も耳にしますよね。メリットが多い一方で、あまりに長期的に使うと噛み合わせや言語の発達に影響を及ぼす可能性があるのも事実です。

そこで今回は、メリット・デメリットを踏まえながらおしゃぶりに注目!おしゃぶりが与える歯並びの影響や、いつまでに卒業すれば良いのか、使い方の注意点やおすすめ商品、指しゃぶりとの比較などを解説していきます。

■おしゃぶりと赤ちゃんの歯並びは関係ない?

「おしゃぶりを使うと赤ちゃんの歯並びに影響がでる」という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。赤ちゃんの月年齢にもよりますが、特に新生児期ではまだ乳歯が生えていないため、歯並びとおしゃぶりの関係はないようです。また、乳歯が生えそろい始める1歳6カ月頃までのおしゃぶりの使用は問題ないと言われています。

■おしゃぶりっていつまでに卒業した方がいいの?

出典:mamagirlLABO @_rii.sogram._さん

おしゃぶりは、1歳頃から2歳になるまでに卒業することを意識しておいた方が良いでしょう。1〜2歳は周りの人とコミュニケーションをとりながら言葉を覚える大切な時期。いつまでもおしゃぶりで口をふさいでいると、発語が遅れることもあります。
おしゃぶりは習慣になりやすいため、月齢を重ねるほどやめるのが難しくなります。いっしょに遊んだり、外に遊びに出たりする機会を作って、赤ちゃんの気を紛らわせながら早めにおしゃぶりを卒業できたら良いですね。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE