Baby&Kids

自己肯定感の高い子を育てる鍵!「ダメ」を「いいよ」に変えよう

vol.1219【1日1成長お母さん】「ダメ」という言葉を使わない工夫が子どもの自己肯定感を育てる

自己肯定感の高い子を育てる鍵は、毎日接するお母さんの声の掛け方

“子育てにおいて最も大切なのは、子どもの自己肯定感を高めること”このようなことを見聞きすることがあるでしょう。自己肯定感とは「自分は生きているだけで価値がある」「自分なら何とかなる」と思える感覚です。
この感覚を持っている子は心が満たされ幸せを感じやすくなります。また失敗を恐れず何事にもチャレンジし、人生を豊かなものにします。そして自分だけでなく他人も大切にできます。
自己肯定感の高い子を育てるにはお母さんの声のかけ方が鍵となります。

子どもの為を思って言う “ダメ”という言葉が自己肯定感を下げてしまう

実は子どもはもともと自己肯定感を持って生まれてきます。ということは、お母さんは子どもの自己肯定感を下げないようにすれば良いのです。
もちろんわざと下げようとするお母さんはいないでしょう。しかし子どもの為を思って言っているある言葉が自己肯定感を下げてしまっています。それは“ダメ”という言葉です。
「ダメと言わない子育てなんて不可能だわ」と思ったお母さんも多くいることでしょう。子どもは毎日「ダメ」と言わせるようなことばかりしますものね。

子どもに「ダメ」と言いそうになった時は最初に「いいよ」と言おう

子どもがご飯前なのに「お菓子食べていい?」と言ったら「ダメ、もうすぐご飯よ」と返事をせざるを得ません。
こんな時、お母さんは“ご飯前にお菓子を食べる”という行為を「ダメ」と言っていても、常に「ダメ」と言われている子どもは“あなたはダメな子”と間違えた受け取り方をして自己肯定感を下げてしまうのです。
このような場面で子どもに「ダメ」と言いそうになった時は、最初に「いいよ」と言うのがおすすめです。

「ダメ」を「いいよ」に変える工夫こそが、自己肯定感の高い子を育てる

子どもがご飯前に「お菓子食べていい?」と言った時は「いいよ、明日の3時ね」と答えてみてください。「いいよ」と言った後にお母さんの要望を付け加えるのです。
子どもは「えー、今食べたいのに」と言うかもしれませんが、それでも毎日「ダメ」と言われ続ける子と「いいよ」と言われ続けている子では、自己肯定感の高さに大きな差が出ます。
お母さんの「ダメ」を「いいよ」に変える工夫こそが、自己肯定感の高い子を育てるのです。

今日の1日1成長

「ダメ」と言いそうになったら「いいよ」と言った後に要望を付け加えよう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの工夫力も1成長。
田中京子(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!