Baby&Kids

お友だちとのもめ事は、避けるより乗り越える力を身に付けよう

vol.1247【1日1成長お母さん】お母さんの愛情が伝われば、傷ついた心は簡単に修復される

子ども同士で関わるとトラブルは日常茶飯事。乗り越える強さが必要です

子どもが3歳になると幼稚園に通いだす家庭も多く、今まで以上にお友だちと関わる機会が増えていきます。子ども同士で遊ぶ時間が増えるともめ事はつきもの。些細なことでの言い合いやおもちゃの取り合いが起こるでしょう。
今まではお母さんが仲裁に入り解決できたことでも、だんだん目が届かなくなり心配です。先生に怒られたり友だちとトラブルが起きたりして落ち込んだ時に、それを乗り越える強さを持つ方法があります。

悲しい気持ちのはけ口はお母さん。いつもと違う態度は受け止めてあげよう

3歳のYちゃんは控えめな女の子です。家に幼稚園のお友だちのK君が来て二人で仲良く遊んでいたときのこと。途中でK君に「あっち行って!こっちに来ないで!」と言われてしまいました。何も言い返さないYちゃんの姿にお母さんは心配になります。
そしてK君が帰るとYちゃんの様子が一変。お母さんに対する口調がいつもよりきつく、些細なことで泣くのです。その様子を見てYちゃんが悲しい思いをこらえていたのだなと感じました。

いつもと様子が違うと気づけば、ギュっと抱きしめ愛情を伝えてあげよう

子どもが傷ついていると家での態度に変化が見られます。「服ぬがせて!」といつもは自分でできることでも手伝ってと訴えてくることがあります。いつもと様子が違うと気づいたら「○○ちゃん、大好きよ」と伝え、ギュっと抱きしめてあげましょう。
つらいことや悲しいことを乗り越えるパワーの源はお母さんの愛情です。いつも以上にスキンシップを取り「お母さんがいれば元気になれる」と子どもが感じることができると、もめ事からも逃げない強い心を持てる子に育つはずです。

子どもには子どもの世界がある。口出しせずにそっと見守ってあげよう

自分の子どもが悲しんでいると知ると、お母さんは子ども以上に悲しくなります。仲のいいお友だちに悲しいことを言われている姿を見ると口を挟みたくなりますが、子ども同士のやりとりは見守りましょう。一人でトラブルを乗り越える強さを身に付けるチャンスです。
友だちと関わることで人間関係の基盤を作るこの時期、悲しい思いをすることも大切な経験。せっかく成長できるチャンスに大人が口出ししてはもったいない。お母さんの気持ちをグッとこらえ見守ってあげましょう。

今日の1日1成長

傷ついた心の傷を癒すのはお母さんの愛情。ギュっと抱きしめてあげよう
子どもの乗り越える力も1成長、お母さんの包容力も1成長。
吉田あき(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!