Baby&Kids

言い訳にうんざり!失敗を叱らない子育てで子どもは変わる

vol.1287【1日1成長お母さん】失敗は誰にでもある。解決すれば大丈夫と教えてあげよう

言い訳する子にならないで!素直な子に育ってほしい親の願いは切実

親ならば誰もが素直な子に育ってほしいと願うもの。失敗やトラブルの時に気になるのが言い訳や嘘です。
親心としては素直に言ってほしいという思いからつい「どうして言い訳するの!」「嘘をつくのはやめなさい」と怒ってしまうこともあるでしょう。言い訳や嘘はいけないことだから厳しくしつけなければ!と悩むことも。
しかし子どもの言い訳や嘘は、お母さんを困らせようと思って行動しているのではなく、純粋に叱られるのが嫌という心の働きもあるのです。

お母さんの対応次第。失敗を責めれば責める程、言い訳のレベルが上がる

4歳のKくんがクレヨンでお絵描きをしていました。畳の上で書いていたのでうっかり畳までクレヨンを走らせてしまったのです。
後から気づいたお母さんは「何このクレヨン!お絵描きは下に広告を敷いてって言ったでしょ」とKくんを責めたてます。
Kくんは「だってすぐ終わりにすると思ったから」「だって広告がなかったんだもん」と言い訳ばかり。お母さんは「だってじゃないでしょ!お母さんの仕事増やさないで」と素直に謝らないKくんにカンカンです。

言い訳を叱ったり追及するのは逆効果!失敗は叱らず解決方法へと導こう

「だってじゃないでしょ!」と何度も叱ってしまうと失敗したら叱られると子どもは理解してしまいます。
失敗はしてはいけないものではありません。“失敗は成功のもと”と言うように、失敗を重ねるからこそできることがひとつずつ増えていくのです。ですから失敗は叱らず解決へと導いてあげましょう。
まだ小さくて解決方法を知らない時は「こういう時はお母さんを呼んでね」「お水をこぼしたら雑巾で拭こうね」など具体的な解決策を教えてあげるとよいのです。

失敗の責任の取り方を学ぼう!解決方法を自分で考える力を育む質問をしよう

失敗をした時にその問題に応じた解決策を教えてあげることで、失敗しても責任をとれば大丈夫なのだと理解できるようになり言い訳や嘘も徐々に減ってくるでしょう。
身に付いてきたと感じたら「どうしたらいいと思う?」と問いかけ、子どもの考える力を育みましょう。そうすることでお母さんがいなくても、どうしたらよいのか自ら考え行動できるようになります。
そして大きくなった時に大きな壁にぶつかったとしても必ず解決できるという自信で乗り越えられる子へと育つでしょう。

今日の1日1成長

失敗は叱らない。言い訳をとがめない。失敗したら解決方法を教えてあげよう
子どもの問題解決力も1成長、お母さんの提案力も1成長。
杉岡由香(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]