出典:@mugi_mamaさん

Baby&Kids

100均グッズで作るおうちマック#ママック が楽しそう&おいしそうすぎ

外出ができない今、ママたちの課題はおうちで子どもと楽しむ方法!子どもたちが大好きな『MacDonald(マクドナルド)』気分をおうちで味わえるよう、さまざまな工夫を凝らしているママもいるようです。#ママックのハッシュタグで、インスタなどのSNSに投稿しているママもたくさん。今回は#ママックで投稿されている写真をもとに、おうちでハンバーガー屋さんを楽しむ方法を見ていきましょう。

■手作りパッケージが高めるハンバーガー屋さん気分

#ママックで重要になるのは、気分を高めるパッケージ作り!ママの作ったパッケージをチェックしていきましょう。

 

・まるで本物!ハッピーセットの本格パッケージ

 

出典:@naka_kumagoさん

子どもが大好きなのは、マクドナルドの「ハッピーセット」!クオリティの高いおもちゃに気分が高まる子どもも多いですよね。@naka_kumagoさんの作品は、まるで本物!クラフト用紙にロゴや文字を書いたりボックスを作ったりと、コツコツ作り貯めたそう。
おもちゃは未開封品を購入した本物を用意。子どもの好きなキャラクターを選んで、パッケージにも取り入れています。おもちゃが加わることで、よりリアリティのあるハッピーセットになりますね!

 

・パッケージ作りは100均アイテムでも可能!

 

出典:@sugawaranaomiさん

@sugawaranaomiさんはママ友たちと協力して、100均アイテムでパッケージを作成したそう。100均には#ママックに使えるアイテムがたくさん!みんなでワイワイしながら使えそうなものを吟味するのも楽しい時間です。
マクドナルドのロゴを壁に貼れば、ママック気分も倍増♡

出典:@sugawaranaomiさん

ママック当日は、子どもたちはみんなおそろいの衣装でリンクコーデ!店員さんのつけるサンバイザーも用意し、ごっこ遊びを楽しんだようです。

■自由なスタイルで楽しめるのがママックのいいところ

お店屋さんごっこスタイルや提供スタイルなど、自由に楽しめるのがママックの魅力です。楽しみ方の一例をご紹介します。

 

・トレイを使えばリアリティマシマシに!

 

出典:@mugi_mamaさん

まずは@mugi_mamaさんが用意したパッケージ!本物と見間違えてしまいそうなクオリティです。

出典:@mugi_mamaさん

パッケージに加えトレイがあれば、より本格的!お店に来た気分を味わうことができそうです。@mugi_mamaさんはナゲットの食感を再現することにもこだわったそう。

出典:@mugi_mamaさん

字が書ける年齢の子どもがいるなら、メニュー表を作ってもらうのもいいかもしれませんね。字の勉強の一環としても◎!子どもにも参加してもらうことで、より楽しさも高まるはず♡

 

・盛りつけを工夫してパーティー仕様にアレンジ

 

出典:@sakuuuuuuu39さん

@sakuuuuuuu39さんはそれぞれのメニューをおしゃれに盛りつけ!ワンプレートにそれぞれ用意、それに加えて木のプレートやかごを使っておしゃれに盛りつけています。

出典:@sakuuuuuuu39さん

ナゲットやデザートのマフィンには、マクドナルドのキャラクターのピックがアクセント。子ども用にはワンプレートで、大人はそれぞれ取って食べるスタイルにするのもいいかもしれませんね。パーティー気分も盛り上がるはず!

 

・子どもが店員さんのごっこ遊びなら2度おいしい!

 

出典:@k.home27さん

@k.home27さんはみんなで夜な夜な作ったマクドナルドで店員さんごっこ!遊びながら学ぶいい機会になるかもしれません。ボーダーでリンクコーデした子どもたちの姿は、とにかくかわいい♡

出典:@k.home27さん

ずらりと並んだハンバーガーやナゲットは、見るだけで楽しい気分になりますね。
おもちゃのお金やカードなど、お金の代わりになるようなものを用意しておくと、より本格的にごっこ遊びを楽しむことができるかもしれません。

■ママックで子どもをおもてなし!

出典:@mugi_mamaさん

外出できない今だからこそ、おうち遊びを充実させたいもの。パッケージ作りやハンバーガー作りなど、ママの頑張るべき工程は多いのですが、子どもの笑顔を原動力にママックを開店してみては?ママが全力で楽しむことで、子どももより楽しめるはずです。

minarico

レゴとサッカーをこよなく愛する幼稚園児男子と我が強めの1歳女子を子育て中!趣味はトレンドをSNSで探ること。家事に手を抜きつつ楽しく暮らすのが今の目標♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!