Baby&Kids

男子の遊びは予想外なことばかり。それが未来の挑戦力に変わる

vol.1377【1日1成長お母さん】男の子こそ、遊びの中で新たに生まれる行動と冒険心を大切に

自分で試しながら進むのが男の子。お母さんは焦らず成長を見守ろう

男の子のお母さんは同じ年の女の子が何でも器用にこなし、お母さんの話を聞ける姿にうらやましくなることがあるかもしれませんね。
男の子はアドバイスを聞かずにいろいろなことをやってみるので時間がかかります。聞くことが少ない男の子だからこそ、何よりも自分で試しながら学ぶ経験が増えます。
実はその試して学ぶエネルギーが大切な挑戦する力となっていきます。男の子なりに未来に通用する能力を順調に身につけているのです。

何度も試して失敗しながら学べる環境が、男の子の能力を伸ばすキメテ

絵の具遊びの大好きな3歳のMくん。手に塗って紙にスタンプしていたかと思ったら、絵の具のついた手でトラックを持ち出し周りにも絵の具が…。トラックに色を付けても色が付かないと逆に絵の具をたくさん使い絵の具だらけです。
楽しいのはいいですが、いつもダイナミックで予想のつかない行動に「ダメ!やめて」という言葉が出そうになります。
後の片付けを考えるとやらせなければよかったと思う反面、そんなことを言っていたらできることも限られてきます。

男の子に必要なトライ&エラーの繰り返しは、物事を自分で理解する力になる

急にトラックを持ち出し色を塗るなど、お母さんから見て要領が悪く無意味な行動を繰り返しているようにも見えますが、男の子は自分で考え試しながら理解しているのです。絵の具であれば色を塗ってみて色が付きにくいことも学ぶでしょう。
面倒かもしれませんが、チャレンジし続ける男の子のやる気を「ダメ!」の一言でつぶさずに十分試せる環境を準備しましょう。
特に男の子にとっては興味を行動に起こして体験から学ぶというエネルギーこそ、未来に自力で前進していく力になるのです。

男の子の行動はお母さんの予想を裏切ります。思いっきり遊べる環境が大切

親子でもどかしい気持ちにならないために、絵の具遊びの場合は庭や浴室など思い切り遊べる場所を提供しましょう。また自然の中に連れ出すのもおすすめです。少々の激しさや失敗も、外遊びでは気にならないものです。
言っても理解できないことは、危険のない範囲で経験させて理解することも効果的です。社会に出て未経験の分野を任されたとしても、試し追求する力が発揮されていきます。
目の前の結果だけに心を奪われず、未来を見据えた子どもの能力を育ててあげましょう。

今日の1日1成長

遊びの中でトライ&エラーをたくさん体験させ、チャレンジ精神を鍛えよう
子どもの追究力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
さわどあさみ(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]