Baby&Kids

「◯◯しなさい」がしない子を作る。する子を育てる「できたね」

vol.1410【1日1成長お母さん】命令の即効性は「また言ってる」にすぐ変わる。伝え方を変えよう

即効性のある強い口調の命令文は“言われてからしか動かない”子を作る

子どもに何かを伝えたい時に使う「〇〇しなさい!」「〇〇してはいけません!」という命令文。子育てをしていると、1日1回は言ってしまいますよね。
言うことを聞かない子ども達も、強い口調で命令すれば効果てきめん。すぐに動いてくれるので、お母さんには便利な言葉です。
でも使いすぎると“言われてからやる”癖がついてしまい、毎回言わなくてはならなくなります。
実は命令しなくても子どもが自ら動いてくれる、最強の言葉があるのです。

“命令されるとしたくなくなる”のは人間の本能に備わった自由への欲求

人間には「自分の自由を守りたい」という防衛本能があります。命令されるとこの本能が働き、反発心を生むのです。
お母さんも子どもの頃「勉強しなさい!」と言われた途端にやる気が無くなった、という経験があるのではないでしょうか。それと同じことが子どもの心に起こっているのです。
だからその場ではお母さんの言うことを聞いたとしても、イヤイヤなので自ら進んでやるようにはならないのです。

「お母さんが怒るからやる」では解決しない。自主的になるポイントがある

例えば宿題をしてほしいとして「宿題しなさい!」だと「今からしようと思ってたのに」という反発を生みます。ではどうすればいいのでしょう。答えは簡単。していないことではなく、子どもがすでにやったことを言葉にしましょう。「お、しっかり手を洗えたね」「あら、おやつ早く食べたのね」などで大丈夫です。「ここまでできたね」ということを示してあげると、子どもは安心し、次の行動を起こせるようになります。

やったことを認められると次の行動への意欲が湧く。命令せずに問いかけよう

子どもが自主的に行動できるようになるには、していないことの指摘ではなくできたことを指摘するのがポイントです。
できていないことの指摘は子どものやる気を奪いますが、できたことを指摘するのは「あなたをちゃんと見ているよ」というメッセージになります。
そのうえで「次は何をする?」と問いかけてみましょう。
お母さんが自分のやったことを認めてくれたと思えると、やる気が芽生えます。自ら進んで考え、次の行動を選べるようになるでしょう。

今日の1日1成長

「◯◯しなさい」より「◯◯できたね」で子どもの自主性を育もう
子どもの行動力も1成長、お母さんの観察力も1成長。
むらたますみ(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!