Baby&Kids

5歳で身につけたい思いやり。まず相手の気持ちを想像する練習

vol.1415【1日1成長お母さん】思いやりと優しさが育つには相手の気持ちを想像する力が必要

5歳児は思いやりをこれから学ぶ時期、感情面はまだまだ発展途中

5歳頃になると自分の意思もはっきりしてくるので、好き嫌いなどの気持ちもストレートに相手に伝えてしまいがち。
本人は悪気がなくても何気ない一言でお友だちを傷つけてしまうなど、知らないうちにお友だちを悲しませていたなんてことも起こります。
子どもは思いやりという言葉自体を知りませんし、思いやりには形がありません。ではどうしたら、子どもが思いやりを理解できるのでしょう。
相手の気持ちを想像することで、少しずつ思いやりを理解できるようになるのです。

思いやりとはこういうことか!と体験から学べる工夫で理解を促そう

子どもがこれを思いやりというのか、と理解するには体験から学べると分かりやすくなりますね。どんなことをしたら人は嬉しいと思うのか、子どもと一緒にお父さんが喜ぶことを考えるのも良いでしょう。
子どもの日々の行動の中に相手を思う優しい気持ちが見えた際に、お母さんが「○○ちゃんの優しい気持ちが見えてお母さんは嬉しい」と伝えてあげることで、子どもが思いやりを理解するきっかけにもなるでしょう。

相手が嫌がることをし続けてしまう子は、思いやることを知らないだけ

5歳のRくんは、2歳下の妹との喧嘩が絶えません。原因のほとんどは、Rくんが妹の嫌がることをやり続けるため妹が泣きわめくというパターンです。
例えば、妹が遊んでいたおもちゃをいきなり取ってしまうなど。お母さんは、いつもRくんに「自分も同じことをされたら嬉しくないでしょ。嬉しくないことはやらないんだよ」と伝えていました。
もっとRくんが相手の気持ちを考えられるようになるのはどうしたら良いのだろうというのが悩みでした。

ごっこ遊びで相手の気持ちを理解できたら、思いやりや優しさも芽生える

相手の気持ちを察するにはごっこ遊びをしながら相手の気持ちを想像する練習をすると良いでしょう。
思いやりや優しさとは、相手の気持ちを考えられる力です。想像力を働かせ、人の気持ちを理解する脳の働きを共感脳といいます。共感脳が育つと相手の立場に立って考えられるようになります。
お母さんが感情を言葉にして教えてあげるのも良いですね。「叩かれると痛いね」など気持ちを伝える言葉を使うと、子どもも次第に気持ちを理解できるようになります。

今日の1日1成長

相手の気持ちを考えられる子は、気持ちを想像する力が身についている
子どもの思いやる力も1成長、お母さんの感情表現力も1成長。
きただゆみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!