出典:photoAC

Baby&Kids

読み聞かせ絵本のおすすめは?年齢別、TPO別に選び方のポイントご紹介

読書をすることで、言葉の表現を学び文章の理解力を得ることができます。子どもにとっては、感情表現や想像力を育てる効果があるとも言われています。読み聞かせも同様で、乳幼児健診などで絵本をプレゼントする自治体もあります。読み聞かせは良いと言われても読書は苦手だし、どの絵本をセレクトしたらいいか分からない…というママもいるでしょう。今回は読み聞かせにおすすめの絵本や選び方を紹介します。

親子のコミュニケーションのひとつとしても注目されている読み聞かせ。読み聞かせに迷ったときや、絵本を探すときの参考にしてみてください。
 

■読み聞かせ絵本はどれがいい?年齢別のおすすめ

絵本を選ぶポイントのひとつは、子どもの年齢です。年齢によって理解できることや興味を引くことが違うので、子どもに合った内容の絵本を見つけましょう。

・0歳には色や絵が大きくてはっきりとした絵本

出典:筆者撮影

0歳の子どもは、まだ視力が弱く声をかけてもあまり反応がありません。しかし、ママの声は聞こえているので、読み聞かせはいろいろな言葉を聞かせてあげるのにピッタリ。また、たくさんの色を見ることで脳に刺激を与え、発達させることができます。
おすすめなのは色鮮やかでシンプルな絵が描かれた絵本です。できるだけ大きな絵のある絵本を選ぶのも良いでしょう。

・1歳頃はママとスキンシップがとれる読み聞かせ絵本

出典:筆者撮影

1歳頃には手足が動かせるようになり、周囲の人や物に興味が出始めます。あやすと喜ぶことも増え、少しずつコミュニケーションをとるようになるのです。
絵本をおもちゃにしてページをめくったりするのが楽しくてしかたない時期なので、じっとして絵本を読むのは難しいかもしれません。そのため読み聞かせは、ママと子どもがスキンシップをはかるようにするのがポイント。動物や食べ物などの身近なものが描かれた絵本や、リズミカルに言葉を繰り返す短い文章の絵本がおすすめです。
 

・何でも自分でやりたい2歳児は日常がテーマの絵本

出典:筆者撮影

自分で身の回りのことをしようとしたり、自分の欲求や気持ちを言葉で伝えたりし始める2歳頃。読み聞かせの絵本を選ぶときは、なるべく自分で選ばせてあげると良いでしょう。ままごと遊びなども楽しむようになるため、ママが選ぶなら日常生活がテーマになっている絵本もおすすめです。少しずつ絵本の内容も理解できるようにもなるため、しつけにも役立つかもしれません。

・友だちや家族がテーマの絵本は3歳から

出典:筆者撮影

3歳頃になると、周囲への関心や観察力も成長し、気づいたことを言葉で発したり、盛んに質問をしたりするようになります。また、自分を認識し、家族や友だちとの関係が分かり始める時期です。そのため、登場人物が複数で、簡単なストーリーの絵本がおすすめです。友だちと分け合ったり、順番に使ったりといった、決まりを守ることを覚えられる絵本もいいですね。

・小学生になったらストーリー性のある絵本で想像力を高める

出典:筆者撮影

小学生になると幼児のときよりも思考力が高まるので、ストーリーがメインの絵本がおすすめ。日本や世界の昔話など、読み継がれている絵本をセレクトするのがポイントです。
高学年はもちろん、低学年でも子どもが自分で文字を読めるようになると、絵本を読み聞かせることは減るかもしれません。しかし、ママが絵本を読んであげることで、ストーリーに集中して想像力を働かせることができるのです。
 

■こんなときこそ読み聞かせ!シーン別おすすめ絵本

読み聞かせのできる絵本には、さまざまな種類があります。仕掛けのついた絵本や、サイズの小さい絵本など。子どもが寝る前や外出時などに読み聞かせられる、おすすめの絵本をピックアップしました。

・あいさつができるようにさせたいとき

出典:筆者撮影

コミュニケーションの基本である、あいさつをテーマにした絵本があります。かわいい動物などに仕掛けがあるおもしろい絵本です。絵本をお手本にして、上手なあいさつを身につけることができればいいですね。
 

・お出かけ先では持ち運びに便利なミニ仕掛け絵本

出典:筆者撮影

お出かけ中に子どもの機嫌が悪くなったときにも活躍する絵本。ママの荷物がたくさんあってもミニサイズならかさばりません。身近なものが飛び出してくる仕掛け絵本なら、しばらく飽きることもなさそう。

・お風呂タイムには防水絵本で読み聞かせ

お風呂タイムは親子のコミュニケーションの場としてピッタリです。普段なかなか読み聞かせるタイミングがなくても、お風呂の中ならできそうですね。防水加工がしてある読み聞かせ絵本もありますよ。髪や顔が濡れるのがイヤでお風呂嫌いな子どもも、絵本があれば楽しくお風呂に入ってくれるかもしれません。
 

・おやすみ前にはリラックスできる絵本がおすすめ

子どもがなかなか寝ないときこそ読み聞かせ絵本の出番です。登場人物が絵本の中で眠ろうとするような絵本なら、子どももリラックスして眠りに入れるでしょう。子どもの性格によっては、寝ないと怖いことがおきるぞ!といった内容の絵本も効果があるかもしれません。



 

■厳選してお届け!今読み聞かせたいおすすめ絵本

子どもがいくつになっても楽しめる読み聞かせ絵本。ママもいっしょに楽しめるようなおすすめの絵本をピックアップしました。

・シンプルな言葉と絵で不思議な魅力の“もこ もこもこ”

出典:筆者撮影

1977年に発行され、現在も読まれ続けている絵本です。“しーん”や“もこ”など少ない言葉で読み聞かせやすく、きれいな色で抽象的に描かれた絵は、子どもの感性を育てるのにピッタリ。何だか分からないけれど、ママも子どもも夢中になってしまう絵本です。
 

・“おやさいどうぞ”はママも楽しめる仕掛け絵本

出典:筆者撮影

“すぱっ”や“しゃっしゃっ”などリズミカルに野菜の皮を剥いたり、切ったりする仕掛け絵本。仕掛けをめくると、本物のように描かれた野菜の断面がでてきます。どんな料理ができるかな?と想像しながら読み聞かせるのがおすすめです。

 

■読み聞かせは絵本だけじゃない!動画やアプリもある

子どもになかなか絵本を読み聞かせられないときや、外出時にご機嫌ナナメになってあやすものがなくて困ったときなどには、動画やアプリの読み聞かせのサービスが利用できます。

・動画配信サービスで絵本の読み聞かせができる

YouTubeをはじめとしたサービスで、読み聞かせの動画を配信している場合があります。
またインターネットで検索すると、絵本を制作している会社の編集者やテレビのアナウンサーなどが読み手となったものも見つかります。さまざまな年齢の子どもが楽しめるような絵本がセレクトされているのも魅力です。

 

・読み聞かせができるスマホやタブレットのアプリもある

出典:mamagirlLABO@chic_style413さん

読み聞かせアプリは、絵本が手元になくてもスマホやタブレットさえあれば読み聞かせることができるため、知育アプリとして人気があります。たくさんの絵本の中から、簡単に読み聞かせたい絵本を選ぶことが可能です。
また、デジタル特有の絵が動いたり音が出たりといった仕掛けを楽しめるメリットもあります。調べてみると、無料で利用できるものもありますよ。

 

■読み聞かせ絵本は子どもとママが楽しめるものを選ぶ

出典:photoAC

読み聞かせをするときには、ママも子どももいっしょに楽しむのが重要です。ママの気が乗らない絵本だと、子どももつまらなく感じてしまいます。順番通りにページをめくれなくても、毎日読まなくても大丈夫です。紹介した絵本を参考に、絵本の中にのんびり旅行をするような気分で読み聞かせをしてみてください。

tamago

アパレル→歯科衛生士に転身した3児のママです。ワーママ歴は10年以上!家事の時短テクや簡単レシピを取り入れながら、仕事と子育てを楽しんでいます♪音楽・ファッション・インテリアにも興味津々♡中古マンションを自分好みにリノベして、武骨で男前なインテリア空間で暮らしています。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!