出典:photoAC

Baby&Kids

子連れ出勤って実際どうなの?メリットデメリットや企業の事例もご紹介

子連れ出勤が認められている職場は、親として魅力的ではありませんか?しかし、一方で同僚などに少なからず迷惑をかけることになるので、不安な面もありますよね。政府が後押しする姿勢を表明している子連れ出勤制度、一部では導入している企業もあるようですが、制度の問題点が多くなかなか賛同が得られていない状況にあるようです。

今回は、子連れ出勤のメリットとデメリット、実際に子連れ出勤を取り入れている企業の事例をご紹介します。

■子連れ出勤のメリット・デメリットを知りたい

出典:photoAC

制度利用者のメリットやデメリットは、どんなことがあるのでしょうか。

【メリット】

出典:photoAC

子連れ出勤のメリットは、まず子どもの預け先が確保できるという点です。まだ小さい子どもを抱えながら情報を収集して預け先を探すのは大変なことですよね。地域によっては保活をする親の精神的負担、肉体的負担が大きいとされています。
次に、送迎の負担がないという点です。子連れ出勤であれば、自身の通勤に子どもをいっしょに連れて行けるので余分な送迎時間は短縮され、朝、夕の往復だけで疲れてしんどい…ということがなく、交通費などの負担を軽減することができます。
また、保育園や幼稚園などの保育施設への登園には荷物が多くなりがちですが、子連れ出勤の場合は持ち物が多少減るかもしれません。
そして、自分自身が子どものそばにいるので、体調が変化してもすぐに気づいて対処ができるというのもメリットのひとつですね。

【デメリット】
子連れ出勤のデメリットは、まず通勤が大変という点です。通勤、帰宅ラッシュに子どもを連れて交通機関を使うということは想像以上に大変です。まだ小さい子どもに″おとなしくしていなさい″と言うのは難しいものではないでしょうか。
ぐずったときの対処法としてお菓子やおもちゃなどを持たせたり、時間配分を考えたりする必要がありそうです。
次に、常に子どもが近くにいるので気になってしまうという点です。メリットでもあるのですが、朝から帰りまでずっといっしょなので気が休む時間は無さそうです。
また、保育の現場を目にする機会がある場合は、自分の子どもが泣いていたり、いたずらをしていたり・・・。そんな瞬間が目に入ってしまうと、場合によっては気になってその後の仕事に集中できないということもあるかもしれません。

■子連れ出勤に賛成派・反対派のさまざまな意見

子連れ出勤には、さまざまな意見があります。まずは、賛成派の意見から見てみましょう。

<賛成派の意見>

出典:photoAC


出産したら職場復帰したいけれど保育園が見つからない、子どもの預け先がないなどの問題により職場復帰を諦めざるを得ない方は多いようです。そういった場合に、子連れ出勤制度がある企業であれば離職せずに働けるというのが、賛成派の中でも最も多い意見なのではないでしょうか。
また、突然なんらかの事情で子どもを預けなくてならないが、頼れる人がいない…ベビーシッターを頼むにしても探すところからしなくてはいけないので、ひと苦労…。場合によっては高額になることもあるので、子連れ出勤を選択できるのは少し気が楽になるようですね。

<反対派の意見>

出典:photoAC

子連れ出勤は、国が積極的に推進しようとしている政策ですが、SNS上では″保育園を整備するなど、他にやるべきことがある″といった反発や、″企業側に任せるのではなく、まずは子どもの預け先を増やしてほしい″などの声が挙がっています。
子育ての実態を知っている人からは、物理的に不可能という声が挙がっており、保育環境が整っていない勤務先では子どもを自由に遊ばせることができず、危険も多いので長時間過ごすとなると不安を感じるといった意見があります。

Recommend

世界に一つ!家族の手形が残せる『ファミリーハンドプリント・フレーム』で記念アートに挑戦!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]