Baby&Kids

水たまりで濡れた時は「どうする?」と自分で考えさせよう

vol.1605【1日1成長お母さん】失敗も必要。心配性なお母さんこそ見守る中で思いっきり遊ばせよう

「濡れるよ」「危ないよ」が口癖。先を見通す力を伸ばすには経験も必要

子どもといると目が離せないこともあります。「濡れるよ」「危ないよ」と起こりうることや危険を知らせる言葉が口癖になるお母さんもいるでしょう。
でもそんなときお母さんは、言葉を飲み込み見守りましょう。前を見ないと転ぶ、水たまりで遊ぶと濡れる。大人は考えればわかることですが、子どもの先を見通す力はまだ発達途上。
自分の行動はどういう結果に結びつくのか経験させ、処理の仕方を「どうする?」と聞き自分で考えさせましょう。

子育てに心配はつきもの。行動が気になるのは子どもが可愛いから

Rくんは好奇心旺盛な男の子。晴れの日には外を走り回り、雨の日には水たまりの中に入ってバシャバシャと遊ぶ元気な子です。
楽しそうに遊ぶ姿はお母さんにとって嬉しいもの。しかし転んでケガをするかもしれない、濡れて風邪をひいてしまうかもしれないと心配はつきません。
「走ったら転ぶよ」「ビショビショになって風邪ひいちゃうよ」とつい転ばぬ先の杖を出したくなります。
気配りのできるお母さんこそ子どもの行動が気になり、世話を焼きたくなるものです。

子どもの成長のために、どうしたらいいか考える機会を与えることも必要

子育てではお母さんが環境を整えすぎないことも必要。水たまりで濡れたとき子どもが何も言わないのにタオルや着替えを出していては、こんなときにどう対処していいか学ぶことはできません。
「お母さん濡れちゃった。どうすればいい?」なんて言うようになっては困りますね。時には言いたいことをぐっとこらえ、子どもに経験させ考えさせることも必要。
自分が行ったことの責任は自分で取らせることが大切です。
 

失敗経験は必要。“失敗はリカバーできる”と学んだ子は挑戦を恐れなくなる

転んだり失敗したりすることもあるでしょう。子どもの悲しそうな表情を見ることはお母さんも悲しいとは思います。
でも子どもの成長には失敗経験も必要。転ぶ経験があるからこそ前を向いて歩くようになります。
失敗を経験する中で、自分なりの対処法を学んでいくのです。自分なりの対処法を考えられるようになると、いとわず挑戦できるようになります。
失敗を恐れず挑戦できることは子どもの強みとなるでしょう。
 

今日の1日1成長

失敗も経験。失敗したら「どうする?」と聞き子ども自身に考えさせよう
子どもの思考力も1成長、お母さんの黙認力も1成長。
みきいくみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!