Baby&Kids

“イヤ”“悲しい”という気持ちもお母さんは素直に言葉にしよう

vol.1625【1日1成長お母さん】負の感情も言葉で表現していいことを子どもに伝えよう

子どもが成長する中で必要なのはポジティブな気持ちばかりではない

毎日子どもと向き合い、子育てをしながら家事もがんばるお母さん。子どものためにと自分を二の次にすることもあるでしょう。
でもお母さんだからといって毎日完璧でいなくてもいいのです。イライラする日もあるでしょう。泣きたくなる日もあるでしょう。そんな完璧じゃないお母さんの姿を子どもに見せたっていいのです。
負の感情を表すことは子どもの成長にも必要なものです。お母さんが素直に感情を表現することで、子どもにもそうしていいと伝えられるのです。

嫌なことがあっても、嫌だ・悲しいなどの気持ちを言えない子どももいる

3歳のSちゃんのお母さんはSちゃんに楽しい・うれしいなど前向きな言葉を多く使ってほしいと考えていました。そのため家でもポジティブな言葉を使うようお父さん・お母さんは普段から心がけています。
しかしSちゃんが幼稚園に入ってから困ったことが起こるようになりました。それはSちゃんが嫌なことをされても何も言わないことです。
お母さんは嫌なことがあっても言っちゃだめとは教えてはいませんでしたが、Sちゃんは不快な気持ちを意思表示できなかったのです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE