Baby&Kids

泣き止まない赤ちゃんの子育て。安心できる環境作りを心がけて

vol.1654【1日1成長お母さん】お母さんは思い詰めないで!ぐずる赤ちゃんの性格を受け止めよう

泣いてばかりの赤ちゃんが心配。生まれ持った性格が関係することを知ろう

生後半年頃までの赤ちゃんは言葉が話せないため、お母さんが意思疎通に困ることがあります。何をやっても赤ちゃんが泣き止まない、すぐにぐずってしまう、そんな経験をお持ちのお母さんもいるでしょう。
泣いている理由がわからない、どこか具合が悪いのかしら、私のやり方がいけないのかしら、と心配になりますね。育児書どおりにやってみても上手くいかない。初めての子どもだと不安も募ります。
でも、もしかしたらそれは赤ちゃんの生まれ持った性格によるものかもしれません。

不安を感じやすい赤ちゃんがいる。安心できる環境作りをすると心が落ち着く

赤ちゃんは生まれながらに性格が備わっています。
その中には周りの環境に不快感を感じやすいタイプがいます。それは赤ちゃんの不安の現れ。
まずは赤ちゃんが安心できる環境作りを心がけましょう。そして赤ちゃんが落ち着く方法が見つかったら同じ方法を繰り返します。
赤ちゃんが不安なときはお母さんが抱きしめて優しく語りかけ、温もりで安心できることを伝えましょう。
赤ちゃんの不安な心を受け止めると次第に落ち着いていきます。

赤ちゃんが安心できるグッズを見つけ、親子で不安な涙とさようなら

生後2カ月のAくんは、ぐずりがちであまり笑いません。
ミルクをあげた後もおむつが濡れていなくても泣き続けます。教わった育児法を試しても周りに相談しても解決できず、お母さんはすっかり自信をなくしました。
しまいには赤ちゃんを抱いてお母さんが涙ぐむことも。そんな時、お母さんは不安からぐずる性格の赤ちゃんがいることを知りました。
毎回お母さんが優しく大丈夫よと話かけ、よく握っているタオルを手渡すようにすると赤ちゃんも徐々に落ち着いてきました。

お母さんが落ち着いて。赤ちゃんとリラックス方法を一つずつ見つけよう

言葉が話せない赤ちゃんとのコミュニケーションは難しいもの。特に最初は赤ちゃんの性格も分からず、泣き出す度に心配になります。
不安になりやすいのかな、そう気付いたら落ち着ける環境を一緒に作りましょう。
縦抱きにすると安心して眠れる、おもちゃのベルの音で落ち着くなど赤ちゃんがリラックスできる方法を一つ一つ見つけられるといいですね。
お母さんの不安は赤ちゃんに伝染します。泣き顔に一喜一憂せず、一緒に楽しめる時間を増やしていきましょう。

今日の1日1成長

不安を感じる赤ちゃんには安心できるポイントを見つけて親子でリラックス
子どもの受容力も1成長、お母さんの問題解決力も1成長
どばしはるな(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!