Baby&Kids

「次はどうする?」の質問で自分で考え行動できる子になる

vol.1662【1日1成長お母さん】4歳になったら身につけさせたい行動を習慣にできるチャンス

予測できる力が発達する4歳は自分のことを自分でする習慣を身につけやすい

親であれば子どもに身につけてもらいたい習慣がありますよね。帰ってきたら玄関で靴をそろえ家の中に入ったら手洗いうがいをするなど、親がその指示を出さなくても子どもが自ら行動してくれたら嬉しいですよね。
子どもに覚えてほしい行動を習慣にするには4歳頃からが適しています。
記憶力の発達の関係で、先のことを予測することができる“予測脳”が発達するのです。
お母さんの言葉がけを工夫することで、子どもが次はどうしたら良いかを自分で考える力が育てられます。
 

「次はどうする?」と質問し、自分で考えて行動する習慣を身につけよう

Sちゃんは年中の女の子。今までは朝ご飯を食べ終えた後に「幼稚園の服に着替えよう」とお母さんが声をかけていました。
お母さんは身支度を1人でできるように「ご飯食べたら次は何をするのかな?」と声かけを質問に変えてみました。するとSちゃんは「幼稚園の服に着替える!」と自分で考えて着替え始めました。
これを毎日続けていたら年長になる少し前に、Sちゃんは1人でご飯の後お着替えをすることができるようになりました。
 

お母さんが声をかけるタイミングは、子どもが動作する直前がベスト

予測脳が発達すると、自分で目標や計画を立てて実行することができるようになります。
子どもが何か次の動作をする前に「次はどうするんだっけ?」と自分で考える言葉をかけてあげましょう。質問の言葉で子どもが自分の次の動作を考えるように促します。
子ども自身に考えさせる言葉をかけることで、子どもは次の動作を予測し行動します。
お母さんは質問をしたら子どもが自分で考えて行動するのを見守りましょう。
 

子どもが望ましい行動をしたら、お母さんは自分の気持ちを伝えてあげよう

子どもが自分で次の行動ができたら、お母さんはちゃんと見ていることを伝えてあげましょう。
お母さんの気持ちを一緒に伝えるのも大切なポイント。「Sちゃんが1人でお支度できてお母さん助かるな」といった具合です。
自分でお支度できることは、お母さんを喜ばせる行動だと子どもが理解できます。
小さい頃から自分で考えて行動できる習慣は、大人になったときに仕事でも指示を待つことなく、自ら仕事を見つけて活躍できる力となるでしょう。
 

今日の1日1成長

「次はどうする?」と問いかけるのは子どもが次の動作をする直前にしよう
子どもの考える力も1成長、お母さんの問いかける力も1成長。
きただゆみ(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!