Baby&Kids

愛と魔法のほめ言葉!お母さんの気持ちを伝えるIメッセージ

vol.1682【1日1成長お母さん】お母さんの気持ちを伝えて思いやりと優しい心を育てよう

評価を気にせずのびのびと子どもに育ってほしいからこそ“ほめ方”が大切

子どもに「えらいね〜」「すごいね〜」というほめ言葉、使っていませんか?実はわたしも昔、小さな事もたくさんほめて育てることで子どものやる気を引き出せたらいいなと思い、ことあるごとに多用していた経験があります。
ところが子どもたちは、こうしたほめ言葉を私たちの意図するものとは違った受け取り方をしている事もあるのです。
ほめ方を間違えると評価ばかりを気にしてしまう子どもに育ってしまうことも。では実際には子どもをどうほめたらいいのでしょうか。
 

適切なほめ方で伝えて自分から正しい行動ができる子に育てよう

5歳のAちゃんはお母さんが大好きな頑張り屋さんの女の子。お家ではいつもお片付けを自ら率先してやり、お母さんの話もちゃんと静かに聞いてくれます。お母さんはいつも「Aちゃん、えらいね」とほめていました。
ある日、先生から幼稚園ではあまり人の話を聞けてないこと、お片付けもできていないということを聞かされ、お母さんはびっくり。
幼稚園ではお母さんのように「えらいね」と常にほめてもらえません。どうやらAちゃんはほめられたくて行動していたようなのです。
 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]