Baby&Kids

想像力を養う魔法の言葉“どうしたらいい?”で考える子になる

vol.1716【1日1成長お母さん】答えは一つじゃない。解決策を子どもに見つけさせると考える子に

考える力を伸ばしたかったら“答え”は教えずに子どもに尋ねてみよう

自分の頭で考えられる子どもになってほしい、子どもの想像力を伸ばしたい、そう思うお母さんは多いでしょう。AI(人工知能)の発達なども話題になり、将来仕事をしていく上でも自分で考える力が必要じゃないかと考えるお母さんもいるかもしれません。でも、言わないと子どもが行動しない、困るとすぐに「お母さんー」と助けを求めてくるなど、子どもの自主性に不安を感じることもありますね。そんなときは、答えを子どもに考えさせてみましょう。

お母さんは答えを言い過ぎないで。子どもが考えて行動できるようになる

子どもの考える力を伸ばすには、何か問題が起きたときにお母さんが「○○しなさい」と答えを与え過ぎないことが大切です。そんなときは、とっておきの言葉「どうしたらいい?」を子どもに投げかけましょう。答えが出てこない場合は、お母さんが幾つか選択肢を挙げて子どもに答えを選ばせます。答えが一つでないことを知ると子どもの発想力も豊かになります。選択肢を10個考えてみるなどゲーム感覚でやってみると色々な見方ができるようになります。
 

アイディアを思いつくと楽しくなる!子どもが楽しんで問題解決するように

4歳のAくんは片付けが苦手。お母さんはAくんにどうしたら片付くか聞きました。「お母さんと一緒に片付ける」Aくんが言うと「そうだね、他にもあるかな?」とお母さんは問いかけます。弟と片付ける、一つ出したら一つしまう、ご飯の前に片付ける、ぬいぐるみは寝る前にお家に戻してあげる、競争して片付ける、部屋いっぱいにダンスを踊れるように片付けるなど沢山アイディアが出ました。Aくんは考えるのも片付けるのも楽しんでするようになりました
 

“えー!”と思う答えも認めよう。自由な発想ができる子どもになる

問題が起きても子どもが呆然としている、言われないとやらない、そんな子どもの行動が気になったら、子どもに「どうしたらいい?」と問いかけましょう。答えが一つではないことを教え、さまざまな選択肢の中から自分ができる、やりたいと思う答えを選ばせます。子どもの想像力が鍛えられ、自主性もアップしますよ。突飛な発想も認めてあげると子どもに制限を与えず自由な発想につながります。問題解決も親子で楽しめるといいですね。
 

今日の1日1成長

子どもはアイディアの源泉。自由に発想させて親子で楽しく問題解決しよう!
子どもの問題解決力も1成長、お母さんの忍耐力も1成長
どばしはるな(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]