Baby&Kids

なぜなぜ星人の「なんでなんで?」は大変!探求スキルを教えよう

vol.1733【1日1成長お母さん】お母さんは答えを教えない。子どもが自分で調べる力を育てよう

興味や探究心は宝物!しかし子どもの「なんで?」攻撃にヘトヘトな大人

子どもが好奇心に目を輝かせ、ワクワクした顔で何かに取り組む姿はお母さんにとって大切にしたい姿の一つだと思います。目に映るもの体験するもの新しいものである場合、積極的に関わろうとする子もいれば様子を見てから手を出す子など、子どもの反応は様々です。子どもの「なんで?なんで?」にお母さんがうんざりすることもあるでしょう。「もう!うるさい」と言いたくなる前に、調べるアイテムと方法を教えることで解決してみませんか。

子どもの「知りたい」気持ちに応えたい。それでも付き合えないときはある

Aくんは4歳頃からお母さんに質問攻めです。興味があるものを見たら「あれは何?なんのためにあるの?」「これはどうやって作られるの?」と聞いてきます。当然ながら質問に答えられることもあれば、知らないことを質問されるときも。Aくんのお母さんはなるべく応えようとしましたが、仕事で疲れているときのなぜなぜ攻撃には付き合いきれない日もあるのです。ある日、以前に質問されたことについて書かれた広告を見つけたお母さんは「これを見て!」と渡したところ真剣に見つめるAくんの姿がありました。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]