Baby&Kids

発語が遅い子は運動が大好き!わんぱくな子の特性のひとつ

vol.1804【1日1成長お母さん】子どもの性格によって発達する時期やスピードにも差が出るもの

子どもの成長は個人差が大きいもの。周りの子と比べなくて大丈夫

子どもが2歳くらいになると、少しずつお母さんと会話ができるようになっていきます。「ワンワン」などの単語を言えるようになると「ワンワン来た」と2語で話せるようになります。子どもと意思疎通ができるようになるとお母さんも嬉しいですよね。しかし、言葉の発達は個人差も大きく、同じ年齢でも会話ができる子もいればまだ単語を話す子もいます。子どもの発達には順番があり、わんぱくな子は言葉を話すのが遅くなる傾向があるのです。

「ちゃんと成長しているかな?」子どものことが心配になるのも親心

2歳のSくんはわんぱくな男の子。元気いっぱいなのはいいのですが、お母さんは言葉の発達が遅いことを心配していました。Sくんと仲良しの男の子は誕生日が2か月しか変わらないのに、お母さんとの意思疎通はしっかりできています。それに比べてSくんは単語を少し言えるくらいで、ほとんどの場合は「あーあー」とまだまだ赤ちゃん語。赤ちゃんのときに話しかける言葉が少なかったのかなと、お母さんは自分を責めていました。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]