Baby&Kids

スーパーですぐにいなくなる子どもには魔法のタッチでお約束!

vol.1808【1日1成長お母さん】活発な子どもと公共の場に行く時は、あらかじめお約束をしていこう

楽しい場所には要注意。子どもとの約束はお家にいる時から始めよう

スーパーで買い物中に子どもがどこかに行ってしまったり、お肉コーナーでラップされているお肉を指で触ろうとしたり、カートを勢いよく押して走り出したり、そんな経験はありませんか?スーパーは子どもの好奇心を刺激し、想像力をかき立てる楽しい場所。楽しいが故に子どものテンションもアップします。しかし、子どものテンションが上がってからではお母さんの注意も耳に入りません。家を出る前とスーパーに入る前にお約束をしましょう。

活発で好奇心旺盛な子どもに注意をする時はまず落ち着かせてあげよう

3歳のNくんはスーパーに行くと、お母さんが商品を選んでいる間にすぐいなくなります。お母さんは、何回注意しても聞かないNくんに「走らないでって言ってるでしょ!何回言ったらわかるの」と注意します。しかしNくんはキョロキョロ周りを見てばかりで聞いていない様子。ついに「もう連れて来ないわよ」と大声で怒ってしまったお母さん。いくら注意をしても周りが気になって仕方ないNくんには、まずは落ち着かせることが必要だと気づいたそうです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]