出典:photoAC

Baby&Kids

鉛筆の正しい持ち方どう教える?ダイソーアイテムや輪ゴムも矯正に使える!

子どもが正しい鉛筆の持ち方をマスターできるようにするにはどうしたらよいのでしょうか?今回は、鉛筆の正しい持ち方やその教え方について解説します。おすすめの矯正アイテムも紹介。子どもの鉛筆の持ち方が気になるけれど、どう教えたらよいか気になっている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まずは正しい鉛筆の持ち方について知っていきましょう!

Recommend





「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?



■【鉛筆の正しい持ち方】角度も大切!3本指でやさしく支える

出典:photoAC

鉛筆は、親指、人差し指、中指の3本で軽く持ちます。軸が六角形の鉛筆の場合は、面のひとつおきに指を添えましょう。鉛筆は、人差し指に添わせるように持ち、残りの指はふんわり閉じてぎゅっと握りしめないようにします。また、鉛筆の角度を、横から見たときに紙に対して約60度、正面から見て外側に約20度傾けることがポイントです。

■【鉛筆を使うときの正しい姿勢】前と横からWチェック!

出典:photoAC

子どもが正しい姿勢を取れているかは、前と横、両方の角度から見てみるとわかりやすいです。紙を押さえる手の位置も気をつけると、書きやすさがアップしますよ。

・前から見た姿勢

顔は机から離しましょう。両腕は前に出しすぎないようにすると書きやすくなります。足はぶらぶらさせず、足の裏をしっかりと床につけるようにしましょう。

・横から見た姿勢

猫背にならないよう、背筋はまっすぐ伸ばします。紙を押さえる手が前に出すぎたり、後ろに引きすぎたりしないよう、肘の角度は90度を目安にしましょう。机とおなかの間はこぶし1つ分程度スペースを空けます。

・鉛筆を使うときの正しい手の位置

まずは顔の前に、手で三角形を作ります。次に、手で作った三角形をキープしたまま、机の上におろしましょう。利き手で鉛筆を握ったら正しいポジションの完成です!紙を手でしっかり押さえられると、鉛筆が使いやすくなります。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE