Baby&Kids

1歳は何でも触って確かめたい!危険な時は危ない理由を伝えよう

vol.1834【1日1成長お母さん】「ダメ」では子どもは理解できない、何がダメなのか理由を伝えて

何でも試してみたい1歳児、時に困った行動もあるけれど怒る必要はなし

1歳頃になると歩けるようになる子が増えてきます。生まれてからまだ1年しか生きていない子どもにとっては、見るもの全てがまだ新鮮そのもの。好奇心の塊なのです。純粋な興味から触ってみたい、やってみたいと思うのです。決してお母さんを困らせようと思っているわけではないので、触ってはいけないものであれば、触ってはいけないことを伝えてあげると良いでしょう。1歳の子には厳しい言葉も、きつく怒る必要もありません。

つい「ダメ」と言ってしまう場面ではダメな理由を短い言葉で伝えよう

歩けるようになると1人で動ける範囲が広がり、手の届くものも増えてくるので目が離せません。日々危ないと思うことや、ひやっとするようなこともあります。そんなときはとっさに「ダメ」と言って子どもの行動を止めてしまった経験を持っている方も多いでしょう。1歳児の理解力では「ダメ」と言われると、その行為自体がダメと捉えてしまいます。ダメ出しのしすぎは子どものやる気を損なうことも。「ダメ」ではなく、やってはいけない理由を伝えてあげると良いですね。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]