Baby&Kids

0歳こそ言葉がけ次第で感性が豊かに!五感を表現して伝えよう

おむつ替えは感性を育む絶好のチャンス!表現豊かに話しかけてみよう

新米ママのKさん、おむつ替えのときは赤ちゃんが泣いて暴れたりするので、素早く処理することに注力していました。0歳でも五感を刺激する言葉がけで感性が豊かになると聞いたので、声がけをしてみることにしました。「ベタベタしているね」「きれいになったね」「気持ちいいね」「さらさらしているね」と気持ちや感触などを声に出して表現しました。すると声がけを続けていたところ、おむつ替え後に赤ちゃんがにっこりと笑うようになりました。

大好きなお母さんの声だからこそ、何でもチャレンジできる好奇心が育つ

お腹の中にいるときからお母さんの声を聞いている赤ちゃんは、お母さんの声が一番心地よく安心します。美しく正しい日本語で、ポジティブな気持ちや感覚を表現して伝えましょう。赤ちゃんにとっては初めてのことだらけで不安な外の世界が、美しいものと楽しいもので溢れていると伝わります。そして、さまざまなことを感じとる感性が高まり、何にでもチャレンジしてみようという好奇心が育まれます。大好きなお母さんの声で、外の世界の素晴らしさを伝えてあげてくださいね。

今日の1日1成長

豊かな感性と好奇心を育む秘訣はお母さんの声!五感を言葉にして表現しよう 
子どもの表現力も1成長、お母さんの表現力も1成長。 
川﨑 千香子(文)わたなべゆみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/ 

あわせて読みたい

絵本の作り方が知りたい!紙や布だけじゃなくアプリでも♡

Baby&Kids

2022.07.06

絵本の作り方が知りたい!紙や布だけじゃなくアプリでも♡

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]