Baby&Kids

偏食の子は感覚が敏感。視覚・食感・味覚をゆっくり慣らそう

vol.1922【1日1成長お母さん】新しい食べ物は刺激がいっぱい。口に入れるだけでも大きな挑戦 

Recommend





「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?



好き嫌いなく食べてほしい親心。焦らず安心感を与えながら挑戦してもらおう

子どもの健康を思えばこそ、好き嫌いなくなんでも美味しく食べてほしいと思うものです。でも、食べ物の選り好みが激しかったり、新しいメニューに挑戦してくれなかったりして悩んでいるお母さんも多いことでしょう。実は子どもの中には、味覚や食感にとても敏感で食べ慣れていないものを拒むタイプの子がいます。無理はせず、子どものペースに合わせて安心感を与えることが大切です。様子をみて「舐めてみる?」などと簡単なステップから試してみましょう。 

食感や味覚に敏感な子もいる。小さなステップを踏んで徐々に食べさせよう

子どもの中には感覚にとても敏感なタイプの子がいます。微妙な音や色の違いを見極めることができ、芸術的センスが優れている子も多くいます。敏感なゆえに、食事に関しても同じ食材なのに、味つけや食感が変わっただけで食べてくれないことも。新しいメニューに挑戦させたいときは、舐めてもらう、口に含んでもらうなどの小さなステップを踏んで“できた”を積み重ねていきましょう。“できた”ことで達成感とやる気が促されて、少しずつ新しい食べ物を受入れてくれます。 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE