Baby&Kids

夢中な子を動かす難関“3回のチャレンジで攻略”を目標にしよう

vol.1928【1日1成長お母さん】ひと手間が大事。子どもと視線を合わせ「準備して」と伝えよう

Recommend





「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?



聞かない、動かない。そんなときは子どもに伝わるポイントを押さえよう

子育て家庭の朝は毎日戦場です。お母さんは準備を進めたいのに子どもが話を聞いてくれない、動いてくれないと思った経験のある方もいるでしょう。喉が痛くなるほど言っているのに聞いてくれないと、お母さんはすごく困りますね。ただ闇雲に伝えていてはお母さんの労力は増えるばかり。子どもに伝えたいときには、ポイントを押さえましょう。“お母さんが話していることを気づかせる”“子どもに伝わりやすい言葉を使う”この2つを意識して朝の戦いを回避します。

大きな声で何度も言っても聞いてくれない子どもにお母さんは我慢の限界

お母さんは朝から5歳のKくんと4歳のAくんを怒っています。お母さんが「準備して」と伝えても聞かないからです。何度言っても動かない二人に「まだ準備してないの」「いつになったらやるの」と怒りもエスカレートしながら伝えること5回以上。それでも遊びに集中して朝の準備が進まない二人にお母さんはもう我慢の限界です。「もういいかげんにしなさい」と怒鳴りつけました。喉が痛くなるほど伝えているのに動かない二人に、もうお手上げと思っていました。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE