出典:PIXTA

Baby&Kids

手づかみ食べはいつから始める?始め時から練習方法、おすすめ食材やレシピまで解説

手づかみ食べを始める適切なタイミングや得られるメリット。適した食材からレシピまで「手づかみ食べ」を徹底解説します。

離乳食後期頃からはじまることが多い「手づかみ食べ」。いつから、どのように始めて良いかわからずなかなか手づかみ食べになかなかトライさせられていないパパママも多いのではないでしょうか。このころに手づかみ食べをたくさんすることにより、赤ちゃんの手先が器用になったり、食への関心が増したりとうれしいメリットがたくさんあります。
この記事では、赤ちゃんの手づかみ食べについて徹底解説していますので、ぜひ参考にして積極的に手づかみ食べを取り入れてみてください。

■手づかみ食べとは?発達において重要な役割がある!

赤ちゃんは生まれてからおっぱいやミルクを飲ませてもらい、離乳食も最初は食べさせてもらいます。そこから、自分でつかんで食べていけるようになることは自立への第一歩です。いろいろな食べ物を見る、さわる、味わうという経験を通して、赤ちゃんは自分で食べようとする意欲を高めていきます。
また、食べ物をつまんで食べるという動きは、食べ物のさわり心地やにおい、温度などを感じられます。そのため、手づかみ食べで感覚がたくさん刺激され、脳の発達が促されます。もう少し詳しくその過程について説明しましょう。

・手づかみ食べは目、手、口を使った協調運動

出典:PIXTA

手づかみ食べは、食べ物を目で見て、手でつかんで、口に運び入れるといった、目、手、口を協調させて行う運動で、摂食機能の発達の上で、重要なステップとなる動作です。手づかみ食べをたくさん行い、目、手、口の協調運動がうまくできるようになることで、次の段階のスプーンやフォーク、お箸などを上手に使えるように成長していきます。
また、この時期は、赤ちゃんの自分でやりたいという欲求が出始める頃です。手づかみ食べは、赤ちゃんの自分で食べようとする力を育てられます。

・手づかみ食べをしても大丈夫?手づかみ食べは赤ちゃんにとって大切な発達ステップ

出典:PIXTA

手づかみ食べで食べ物をぐちゃぐちゃにしたり、汚したりする赤ちゃんを見て、手づかみ食べをして本当に大丈夫?と心配になってしまう方もいるかもしれません。手づかみ食べは一見、遊び食べやお行儀が悪いと思うかもしれませんが、赤ちゃんの発達にとってはかかせないステップでとても重要な行為です。また、手の雑菌などを心配する方もいるでしょう。手づかみ食べをする前に、しっかり手を洗い、テーブルや食器類を清潔にすれば大丈夫です。逆に、手づかみ食べをすることでいろいろな雑菌が口に入ってきて、腸内環境が整います。
しかし、ママやパパが嘔吐下痢をしているなど、感染症に罹った場合は手づかみ食べを中断し、他の人に手伝ってもらいましょう。

・手づかみ食べをしない場合はどうすれば?

実は、食べ物に手を伸ばそうとせず手づかみ食べをしない赤ちゃんも多くいます。手づかみ食べをしなくてもおかしいことではありません。この時期の赤ちゃんは、手づかみ食べをすることより適切な栄養をとることがもっとも大切です。
発達に良いからと無理に手づかみ食べをさせると、食べることにマイナスなイメージを植えつけてしまう場合もあるので注意しましょう。

■手づかみ食べを始めるのはいつから?赤ちゃんからのサインを確認しよう

手づかみ食べを始めるにだいたいの目安はありますが、それぞれの赤ちゃんの成長具合に合わせて始める時期を決めましょう。

・手づかみ食べを始める目安は?

赤ちゃんの手づかみ食べは個人差もありますが、生後9ヶ月頃の離乳食後期ぐらいから始まるといわれています。離乳食を食べさせてもらうことで、少しずつ食べ物に親しみ、食べた満足感を得る過程を経て、少しずつ自分で食べることへの意欲を持ち始めます。離乳食レシピの幅も増えてくる7ヶ月~8ヶ月頃の離乳食中期が終わり、離乳食後期に入る頃になると自分で食べ物をつかんで口に運び、手づかみ食べをし始めるようになるのです。

・手づかみ食べをそろそろするサイン

出典:PIXTA

こんなサインがあれば、手づかみ食べを始めてみましょう。
 

  • ・乳歯が生えてきた
  • ・お座りが安定し、食事用の椅子に一定時間座れる
  • ・歯茎と舌で口どけのいいものを潰して食べられる

また、手づかみ食べの卒業時期は子どもの成長ペースに合わせながら3歳頃を目指しましょう。2歳頃までは手づかみ食べをして、五感を刺激する方が重要だと言われています。無理に卒業させようと、スプーンやフォークを急いで使わせる必要はありません。

Recommend

【医師監修】産後ママを悩ませるシミや肝斑。効果的な施術メニューとは?

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]