Baby&Kids

お母さんの役に立っている喜びが、子どもを大きく成長させます

vol.700【1日1成長お母さん】自分の行動が人の役に立つ。貢献の経験が子どもを育てます

子どもに伝わる声掛けで「お母さんが怒るからやる」から卒業しよう

子どもが言うことを聞かない時、どう言えば伝わるかと思案するお母さんは多いことでしょう。また、普段は気長に子どもを待つことができるお母さんでも、忙しかったり体調が優れなかったりする時はついついイライラするものです。思わず声を荒げて後で後悔ということもあるかもしれません。子どもにも「お母さんが怒るからやる」というサイクルができ上がってしまいます。子どもに伝わる方法で、この悪循環から卒業できます。

“お母さんを怒らせないため”と、“お母さんのため”にとる行動は違います

いつもリビングに上着を脱ぎっぱなしにするH君。体調が悪かったお母さんはイライラしてつい怒ってしまいました。お父さんが「お母さんを怒らせないで」と言ってくれてしぶしぶ片づけましたが、これでは根本的な問題が解決しません。お母さんはお父さんと話して、声掛けの仕方を変えてもらいました。「お母さんの体調が悪いから、ゆっくりさせてあげよう」そうするとH君は素直に言うことを聞き「お母さん大丈夫?」と気遣ってくれました。

“誰かの役に立っている”その経験から、自分の存在価値を認めます

子どもも大人と同じで“誰かの役に立っている”と感じたときは、自分の存在価値を認められ幸せを感じます。お母さんの体調が悪い時、自分が取った行動によりお母さんのやるべきことが一つ減った。お母さんのお休みする時間ができた上、部屋がきれいになった。何より、とても喜んでくれた。自分の行動の結果が環境に変化をおよぼし、誰かを喜ばせることになったのです。それが“貢献“です。その経験をする子ほど成長します。

成長の7ステップを一段ずつ登ります。“貢献できる人“となるでしょう

キッズコーチングでは子どもの発達にある成長の段階を7つに分けて説明しています。それを一段ずつ登ると貢献できる人になると言われています。家族の中でも、子どもの頃から「ありがとう。あなたのお陰でお部屋が片づいて、お母さんはうれしいよ」など、事実を喜ぶ言葉をかけて、誰かの役に立っていることを感じさせてあげましょう。きっと大人になったとき、社会に貢献できる人に成長するでしょう。

今日の1日1成長

貢献の経験をした子どもほど成長します。感謝の言葉をお互いにかけあおう
子どもの貢献力も1成長、お母さんの表現力も1成長。
さかきばらやすこ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!