Baby&Kids

しつけに必要なのは一貫した姿勢。「今日だけよ」は封印しよう

vol.704【1日1成長お母さん】お母さんの毅然とした態度が子どもの規律の元になります

2歳ごろから始まる自己主張。聞いてあげるほどにエスカレートする

「ご本読んで」と言ったかと思えば「読まない」「食べる」と言ったからおやつを渡すと「食べない」。2歳から4歳くらいの間に、まるでお母さんの態度を試すような行動を取る子がいます。気分屋なのか、天邪鬼なのか…と困るお母さんも多いでしょう。違うことを言われる度にお母さんは結局どちらなのかとオロオロするかもしれません。ひどいわがままに辟易して「今日だけよ」と許してしまって後で後悔することもあるでしょう。

要望に応えようと行動に振り回されないで! 「今日だけよ」は効果なし

2歳半のAちゃんは最近自己主張が激しくなってきました。「やる」と言ったそばから「やっぱりやらない」そんなことが増えています。子どもの気持ちにはできるだけ寄り添いたいと思っているお母さんは、Aちゃんが反対のことを言う度に「じゃあこっち?」「それともあっち?」と聞いてあげるのですが、おさまる様子はありません。「どっちもイヤ!」と言われて「じゃあ今日だけお母さんがしてあげるね」毎日こんなことの繰り返しです。

規律を教えるには感情に寄り添いながら行動を導く。一貫した姿勢を貫こう

子どもの気持ちに寄り添うというのは、あくまでも“感情に寄り添う”ということです。正すべき行動は正さなくてはなりません。また規律は子どもに最初から備わっているのではなく、普段の生活の中で少しずつ身につけていくものです。小さい時からお母さんの言葉や態度で、家庭の決まりや一般的な規律を理解していきます。その際、お母さんの言うことが時によって変わってしまうと、子どもは何が決まりなのか分からなくなってしまうのです。

聞くのではなく“言い切る”ことで毅然とした態度を示すと子どもに伝わる

ルールを教える時は、お母さんが常に一貫した姿勢を貫くことが大切になります。それには「する?しない?」「しようよ」と選択権を子どもに与える言い方より「します」と言い切ると効果が高くなります。「5時に帰ろうか」ではなく「5時に帰ります」「ご飯食べようか」ではなく「ご飯を食べます」といった具合です。お母さんの毅然とした態度が子どもを導きます。「今日だけよ」は封印し、自信を持って一貫した姿勢を取りましょう。

今日の1日1成長

「今日だけよ」は封印し、自信を持った言い切り言葉で子どもの規律を育もう
子どもの自律力も1成長、お母さんの表現力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!