Baby&Kids

お母さんの体力・気力を奪う夜泣き。辛い時期を乗り切る方法

vol.697【1日1成長お母さん】辛い時に無理するのは逆効果。人に頼りお母さん優位でいいのです

子育ての最初の洗礼、赤ちゃんが寝てくれない!毎日ヘトヘトで泣きたくなる

赤ちゃんの夜泣きに付き合ってもうヘトヘト。眠る時間が全くなくなって、「泣きたいのはこっちよ!」と言いたくなった経験のあるお母さん。赤ちゃんは3時間置きに目をさまして、お母さんを呼びます。オムツを替えて授乳して、また寝かしつける。これも半年の我慢だと思っていたのに、1歳近くになっても毎晩夜泣き。「いったいいつになったら朝まで寝てくれるんだろう」とフラフラで気が遠くなったこと、あるかもしれませんね。

デリケートな赤ちゃんは五感が敏感。ほんの少しの変化に反応する

実は赤ちゃんによっては、とてもデリケートなタイプの子がいます。五感がとても敏感なため、ほんのちょっとした音や光、または気温の変化などで起きてぐずってしまうのです。そんなタイプの子は不安が大きいのも特徴のひとつ。ちょっとした変化が不安を増やし、安心を求めてお母さんを呼ぶのです。できるだけ安心できるように、同じ環境を用意してあげるのがベストです。ブランケットで包んであげるのもいいですね。

不安が大きいデリケートな子には、軽く背中を叩くタッチングが効果大

デリケートなタイプの子は言い換えればとても繊細で不安が大きいのです。お母さんの温もりと優しさで安心感を持てるので、優しく話しかけて声を聞かせてあげましょう。タッチングと言われるスキンシップも効果的です。抱っこしてポンポンと、軽く背中を叩きましょう。最初は少しだけ早く、赤ちゃんの呼吸にあわせてだんだんゆっくりとリズムを変えていけば、赤ちゃんの気持ちも落ち着いてきます。

お母さんの体力を奪う夜泣きもいつかは止まる。助けを借りて乗り切って

実は寝ることには体力も関係しています。少し小さなお子さんの場合、体が成長し体力も備わってくると寝る時間も長くなります。お母さんは上手に助けを借りながら乗り切ってください。子どもはお母さんの気持ちに敏感だから、お母さんが少しでも安定して過ごせるよう周りのサポートを積極的に求めてくださいね。そして日中はお昼寝中の赤ちゃんと添い寝をして、一緒に頭と心も休めていいのです。

今日の1日1成長

デリケートな子どもの夜泣きには、スキンシップを大事にしながら乗り切ろう
子どもの適応力も1成長、お母さんの自己開示力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!