Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

イヤイヤ期を楽に乗り切るには「手伝って!」の言葉を教えよう

vol.800【1日1成長お母さん】「できた!」「わかった!」を繰り返すと子どもの集中力が育ちます

子どものプチ反抗期についついイライラ!自我が芽生えてきた証拠です

2歳半になる女の子、Mちゃんのご機嫌の悪さにお母さんはどう対応をしたらいいのかわからない様子です。赤ちゃんの頃からよく動きまわるため、目が離せず、手の掛かるタイプでもありましたが、最近は更に手が掛かりお母さんは毎日へとへとでした。まだできないことを、何でも自分でやってみないと気が済まないのです。イヤイヤ期と言われるのもこの時期やりたいのにできないことにイライラしてしまう時期なのです。

魔の2歳児?!自我の芽生える2歳は集中力を育てるには最高の時期です

2歳の子どもに多く見られる行動としてドアを開けたり閉めたり、引き出しを開けたり閉めたりなど、同じことをくり返し何度も何度もする行動を見たことがありませんか?「ドアを開けたら向こう側が見えた!」「閉めたら見えなくなった!」「引き出しを開けたら何かあった!」「閉めたらなくなった!」行動のたびに「できた!」と「わかった!」をくり返し集中力を育てているのです。

子どもができないことにイライラしたら「教えて」「手伝って」を教えよう

Mちゃんは好奇心旺盛!見るもの全てに興味がいっぱいです。好奇心は子どもにとって学びの始まりでもあります。しかし危ないことをお母さんからダメと叱られたり、独りではできないことにMちゃんのイライラが始まります。子どもは自分で決めたことを成し遂げたときに「できた!」という達成感から次のステップへ成長します。「教えて」「手伝って」と言える子に育てましょう。できないことへのストレスが減り手伝ってもらうことで少しずつできることが増えていくでしょう。

大自然の中での遊びが子どもの好奇心を掻き立て「集中力」が育ちます

2歳児は運動能力が著しく伸びる時期でもあります。よく心と体は繋がっているという言葉を聞きますが、体を思い切り使った遊びは運動能力と共に心の成長にも大きな影響があります。制限のない自然遊びをたくさんさせ、草や小石、枝や土自然のものを使い工夫して遊ぶことで創造力や考える力も養われていきます。夏の暑い時期や環境が十分でない場合はパズルやブロックなども同じような効果があると言われます。

今日の1日1成長

「教えて」「手伝って」の言葉を教えてイヤイヤ期を乗り越きろう!
子どもの学び力も1成長、お母さんの見守り力も1成長。
神谷京子(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp